01/05/2013

藝人春秋

水道橋博士氏の本
氏の本は愛読しているし
大好きな藝人の一人だ

昨年末
極貧の中
自分への褒美として選んだ一冊

基本、本は昔から嫌いだ
今想いかえせば
只E出会いがなかった

何人か好きな売文家が居る
その殆どが音楽に縁がある中
唯一音楽を嗜まないのが氏だ

ネタバレになるから
中身は書かない

ツイッタに感想を書いたが
氏に返信して頂く事を
(フォロワが感想を呟いたら
氏が全員に一言添えている)
自身へのお年玉としたからだ

凄く綿密に
相手と氏の等身大の人間臭さを
編んだ言葉に言葉を失い感動した

編み物だから温かい

自身は
楽しい事には
人一倍興味が無い
面白い事には
人一倍興味が在る

学芸会やサ-クルの様な楽しみより
身を削り罵倒され
誰にも知られずひっそりと
経験を重ね
そこから出た一撃に
とても惹かれる

楽しいTVタレントより
身を削り世間からの恩得を
真っ当に受ける事ない
孤高の藝人を愛してる

リスク抜きでは振り幅は大きく振れない

氏の本を読んで
きっと自身がバンドで
バンド藝までたどり着きたいのだろうという事に
気がつかされた
成程
人気は出ないはずだ 笑

誰が何と言おうと
この本が昨年の一番だ
と 言う程他の本は知らないが
これより凄げぇ本が在るなら
是非教えて欲しい

人間が等身大で、高純度の愛で投影されされた本

自身も等身大で、高純度の愛毒で投影されたバンドを続けたい

この中に出てくる一藝人の座右の銘に感銘を受ける
’どうらんの下に涙の喜劇人’

おこがましいが
自身のバンドマン像に近い 
音と言葉に哀切を持って笑いと怒りに満ちる RK2

Img_13c24fe9751cba0faa2f939f5659cd3


| Comments (0) | TrackBack (0)

09/10/2005

鬼人奇才

WAG01_monoいよいよ明日です。
2005/09/11 下北沢シェルター
GO
CONSTRICTED
JOY
SMASH YOUR FACE
WAG PLATY

open18:00 start18:30
1800/2500(+1d)


未定ですがプレジェント有の予定です
進行形の オッサン の生き様を
御覧あれ

| Comments (10) | TrackBack (0)