« もうすぐ | Main | ご褒美の様な希な一日 »

07/12/2017

勝ち負けじゃない勝負

一見矛盾した言葉だけど
自身の企画や
心在るバンドとの対決は
この言葉がしっくりくる

昨日はライヴ前の
四人での最後のスタジオ

こんなに自分の事に集中出来る
今のメンバーに感謝してる

各自
自分のパートを
出来る限る詰める事が
バンドのバランスに直結する
メンバーと
音が出せるのが
バンドがやれるのが
本当に幸せだ

後は殺るだけなので
今回の出演バンドへの
自身の想いを書きます

<Dancebeach>

評判は、ずっと聞いていて
やっと会えて対決したのは
HMVの2ndアルバムのレコ発
ヒーコ兄の計らいで実現

90年代以降のロック
ハードコアのテイストを
様式美だけに終わらない
進行形を打ち出している
数少ないバンドだと想う

安易ではない音

心の闇を楽曲に乗せて
メンバー一丸で
暗闇の中の一筋の光に向かう
静寂の中の強い意志

心が揺さぶられた

静かに物凄い振り幅で
狂気に向かう

今回は最近出た4wayスプリットと
次回作になる3rdアルバムに
収録予定曲の新曲で
対決に挑んでくれます

<GO>

パンク

この一番シンプルな答えが
物凄くしっくりくる
E楽曲Eメロディ
鋼の意志
歌詞の良さ

人間臭い怒りと笑いの日常

本人達そのものが
楽曲に溢れかえっている

デヴューライヴから観てるけど
一貫してブレない
ポップでキャッチーなのに
慣れ合いではない緊迫感

独自のスタンスで
迎合しない
ローカリスト

何時も何かを問われている
そんな気になります

<Heyhey Mymy Voodoo>

去年のメンバーチェンジより
今年からメンバーも一新して
意地を張って急発進

重心が何処にあるのか
判らなくなる位の
リズム、フレーズ、言葉の
グラデーション

進行形の進行形
極端な振り幅の中に
時折魅せる哀愁

破壊と創造を常に深化

想像上の生き物が
突如現れて
漫談をしているかの様な
緊張と緩和
狂気と爆笑

この日の前日も
狂都でBTBのレコ発に出た足で
零泊三日の弾丸ツアーで
西横浜に着地します

全バンド
仲はEですが
板の上では決して
慣れ合いではない
勝ち負けではない勝負を
死合いで表現します

躊躇なく加減無しで
フルスイングで
音でボコボコに殺り合います

情報が溢れ返り
何か大事なモノを
忘れかけている
今だからこそ
この企画の
意味があるのではないでしょうか

カッチョE
面白い
緊迫感

こんなキーワードに
引っかかるなら
現在進行形の
目の生きた
パンクロックショウを
組んだ甲斐があります

刺激が欲しい方は是非
足を運んで頂けたら嬉しいです

お待ち申しております! RK2


1497666543042



« もうすぐ | Main | ご褒美の様な希な一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/65525178

Listed below are links to weblogs that reference 勝ち負けじゃない勝負:

« もうすぐ | Main | ご褒美の様な希な一日 »