« April 2016 | Main | June 2016 »

05/21/2016

過渡期に聴いた

ナメリカのハードコアパンクの音源を
色々聴き直している

本当は
メンバーのインタヴュや
影響受けたバンドや
バックボーンが判ると
もっと面白いんだけどね

聴き直して
上っ面の真似だけは
やっぱり痛いんだなぁ
と改めて想った

ルート音を変えて
同じフレーズとか
00っぽくとか
技術と解釈不足を
同じに聞こえないから
個性だとかいう
痛いすり替えも
何となくの
乱痴気騒ぎも
本物の前では
かすみすぎるw

短い曲の中に
凝縮した想いは
真似は無理

中身が薄いバンドは
薄く聞こえるし
濃いバンドは
深みが違いすぎる

そして
発想って本当に大事だと想う

今となっては
色んな雛形になっているが
Eバンドは
きちんと色と景色が
ハッキリしてる

何がカッチョEのか
という美学が
ハッキリしてる
他人の目なんか
気にしていない感がある

そして
あの当時の
あのタイム感は
真似するものではないな

無理
狙ったら嘘くさい

自分のタイム感と
発想力と
培ったバックボーンと
人間力

本人が
音の前に
目の前に出てくる様な
そんな感じがE

それさえあれば
肩書きなんか
キーワードでしかない

情報に
何か大事なものが入って
初めて技術になる

情報の寄せ集めの
クズにだけは
なりたくないな
痛いから

この歳になって
痛さ寒さに
気付ないのは
恥ずかしい事だ

無知は罪だ
色んな所でも rk2
 

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2016

おっさんにつき

頻尿が酷く
二時間おきに
トイレに起きる

ここんとこ
四時間以上の
連続睡眠を
しばらく出来ていない

以前はストレスになったが
その後眠れなくとも
仕方がないので
今はさほど
気にならなくなったw

たぶんに漏れず
昨晩も
ぶつ切りの睡眠のまま
起床

布団を干して
洗濯し
靴を洗い
無性にチキンのトマト煮が食べたくなり
料理した

今日は
天気がEから
気分もE

聴き直している
ナメリカのHCバンドの音源をかけ
読みかけの本を読み
昼寝

所要を済まし
お笑いのDVDを観ながらプシュ

なんて事はない
平凡な幸せな一日

色んな事を想い返し
色んな現状はあるが
E事も最近は沢山在る

大きい事は出来ないが
まずは身の回りからだ

修復できる関係と
興味すら失う関係と
分かれてきている

大事な事以外の
殆どの事に
興味が無くなってきた

其処が
大きく左右してる

ステレオタイプな物言いよりも
具体的な現実で考える

だからこれでEのだ rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

05/14/2016

呑み過ぎたが もう呑みたい


胃が受け付けなそうなので
もう少し様子を見てるw

昨日は
牛歩のもう一歩を踏み出すべく
某所で
密会

時間があったので
散歩がてらに
某所をぶらつくも
都会で散在するつもりも
無かったのだが
結果
自分に惨敗w

こういう時に限って
普段見かけないブツに
遭遇する

仕方ないと
自分に言い聞かせ
自分の血肉になるのだからと
自分に言い聞かせ
散財

しかしながら
実のある買い物だった

一番迷ったのは
三遊亭円丈師匠の7epだったがw
こちらはスルーした
高かったし

待ち合わせ時間も迫ってきたので
待ち合わせ場所へ

物凄く久しぶりに
M君に会った
 
色々友人つてで
元気なのは知ってはいたが
中々タイミング合わずで
昨日まで延びていた

久々なのに
先日まで
一緒に音源でも
掘りに言ってたかの様な
音はなしで
異様に盛り上がる

一回り年下なのに
ほぼ音の趣味が近い
解釈が近い
使っている言葉の流れや
意味合いが近い

彼も
生まれてくる
年代を間違えて
産まれてきた様だw

時間は
あっという間

近々また呑む約束をして帰路へ

呑み過ぎて
千鳥足半歩手前だったが
とても気分がEかった

最近は
良循環も多くなった

メンバーや友人達のおかげだ

自分だけの判断ではなく
相談できる

親身になってくれる人間たちに囲まれ
糞みたいな日常に立ち向かえてる

幸せなのだと想う
有難う rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2016

今まで

興味があったが
通ってきていなかった部分に
足を踏み入れる

ナビをしてくれる心在る人間が居たり
想いが過ぎて
えいやっと
身を投じたり

新たな知識を得て
自分の物差しが増えると
楽しい

知る事は大事だが
知れば知る程
辟易とする現実があって
その現実に
どうすれば良いかが
今得ようとしている知識の中に
沢山ヒントがある様に
想えてならない

逃避の為の逃避は
今のテレビに代表される
時間の無駄使い

温故知新と言うか
先人たちの知恵に
色んな角度から
教えを受けている様だ

言葉のロジックだらけの
今は
使っている相手を
見極めなければならない程の
情報の飽和

安倍が
何を言っているのかではなくて
単に
安倍が信用できないと言っている

自民政権で
何が一体良くなったのだろう?

信用できない馬鹿が
幾ら何を取り繕っても
何の信用もない

時間が経ったら
なし崩しにできると
タカをくくってる馬鹿に
何の信用がおけるのだろう

論点ずらしたり
目先のパフォーマンスで
子供も騙せないよ
今なんか

ハッキリさせなきゃならない時が
目先に迫っている

いっちょ噛みの
同類の馬鹿も
ついでに消えて欲しい

卑怯者のレイシストが
パンク、HCのツラだけして
長いものに巻かれ
周りの目ばかりを気にしている
迎合しようとしてる

安倍は
お前らの代表なんだよ
糞が

笑えない所からは
何時も身を引いてきた
影でなんと言われようと

音を聴けば
ライヴを観れば
判るからだ

本当の分かれ道が
目先に来てる

やれる事を
日常として
やるだけだ
今まで通り rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2016

音を出す

事は
音を出すという以前に
人間が出てこないと
面白くない

先日
HTRさん企画
本田珠也氏vsBLAHMUZIKを
下北アポロに
観に行った

結果から言うと
面白かった
本人達は不本意な所もあっただろうけど
それも込みで面白かった

音で
対決しようとする意思の
純度が高いほど
不本意は
人間臭さに変わる

それは
そこを求めてなかったから出た
副産物

悔しさは
沸点の高い証拠

しかしながら
大部分は
ひりついた
音の殺り取り

dr対サンプラーの対決だった為
時には
SPKを従えたフェラクティの様だったり
ドーズしたシルバーアップルズの様

下手な
パンク、ハードコア風のバンドより
遥かに刺激的だった

色んな事が
情報で
平面化が著しい今
人間力で
何かを生み出そうとする
引力が嬉しくなる

一見上手くやろうと
長いものに巻かれて
安全な場所で
過去の遺産をつなぎ合わせるだけの
安易さとは
かけ離れ
恥をかくことを恐れない表現者達には
敬意しかない

そして
その敬意も
ほんのひと握りの
表現者にしか
持てない

大多数に
取り込まれることなく
精進したいものだ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »