« November 2015 | Main | January 2016 »

12/31/2015

負けじゃねぇから

この一年で
一番目からウロコな言葉でした

とあるシチュエーションで
生きる言葉です。

あっという間に一年が終わろうとしている
今日が仕事納め
明日が仕事始めw

今年は前を向き合える人間と
繋がって
後ろ向きなヒトとの決別が強かった

もう時間を無駄にしたくない
本当の意味で

人類史上最悪の
放射能漏れ
原発事故の収束の目処も立たず
最悪の指導者もどきが
悪の限りを尽くし
同調する愚か者が
より浮き彫りになった

問題は山積み
考える事も
行動する事も
山積み
諦めてはいけない事も
より浮き彫りになった一年だ

今年も沢山の人間に
お世話になりました

なんだかんだ
面白い一年だったね

来年も
前向きな心在る人間と表現者と
世界中の猫に多大なる幸せを

来年も五体満足で
愛と爆笑に包まれる事を祈って
笑いと平和を願います 

酔いお年を RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

12/16/2015

トホホ

焼いた色んなライヴ音源が
ノイズが入ったり
音がぶれたりで
大半が聴けなくなっていた

基本ライヴ盤は
あまり好きではないが
発掘物は
原曲であったり
未発表であったり
客席の空気感が生々しかったり
歌詞が違ったりするので
結構聴いている

本当はデモテイクが
好きなんだけど

所有の音源がダメになっているのは
仕方がない
また借りたり探せばE
と泣きながら諦めたw

ネット環境になってから
レコード熱も少々覚めていた
レコ屋に通ったり
ハコに通って情報を得るのが好きだったが
次第に家で
ネットに張り付いて
情報収集ってのが
どうも苦手だった様だ

顔が見えない情報に
魅力を感じなかったんだろうね

なので
ここ15年くらい
所有の音源を聴き込んだり
経済的理由で
河岸が変わったり
まだ欲もあった方だろうけど
昔ほどじゃなかった

ここ一、二年位
少しずつ熱が再燃してて
今ピークに向かっているw

付き合う人間を考えたのもある
生活に少し余裕が出来たのもある
今、発売されているものに
魅力があるものも増えた
が 大概昔からやっている人間のモノが
多いけどw

マナブ君に色々勧められたブツが
良さげだったので
其処で一気に加速もした

やっぱり
色んな刺激に触れるのが
一番だね

師走に向かって
家の事も
細々断片的に大掃除したり
年賀状を書いたり
している間に
大きな音で音楽を流しているのは
幸せだ

まだ聴けてないものや
読んでない本も山積みだけど
すぐ見かけなくなるものも多いから
買えただけラッキーだ

時間は後に作ればEね

暫くは楽しめるブツに囲まれている

あれこれ考えている時が
一番幸せかも知れない rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

12/15/2015

つ・き・あ・い・た・い

自身の人間との関わりあいの
根本って
突き詰めていくと
面白い
という事だけ
残っていく

面白いと想う人間と
繋がってきた

面白い人間と
楽しい人間は
全く違う

そして
面白いと想う振り幅も
様々だが
其処に
ここには書かないが
共通する人間性が在る

自身は比較的
友人にはとても恵まれていると想う

きちんと腹を割って
話をしてくれる人間が多い。


以前話をしたヒトに
その土地の一番偉い奴だけ
押さえときゃいいんだよ
と平気で言っていたヒトが居た

自身には
そういう付き合い方は出来ない
相手に失礼だからだ

自身の人間付き合いを
全く理解できないヒトが
自身もそういう付き合い方をしていると
嘘を吹いて歩かれた事がある

嘘を吹いて歩くヒトが
そういう付き合い方をしているから
一部だけを見て
勝手に他人もそうだと
決め付ける馬鹿が居る

自分の狭い価値観を
百だと思って
何も見えていないヒトが居る

それが嘘である証拠に
自身の回りの人間達は
そんな事くらい
簡単に見抜ける人間ばかりだ

その嘘は
自身の周りの人間まで
馬鹿にしている

そういう意識しか持てないから
そういうヒトは
人当たりだけ良く
中身は みっともない

薄っぺらい
その人格を
自分で吹いて歩いている事に
自分で気づけていない上
心在る人間には
丸見えだ

何度でも書く
物事は流れなんだ rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

12/12/2015

あいてるドアから失礼しますよ

よく俺の影響だ
とか
俺の真似して
みたいな事を言うヒトが居る

大概
そんなヤツの影響でも真似でもなく
単にかぶったか
逆にコチラが常々言っている事を
勝手に自分発信に置き換えて
みっともない上目線を押し付けているだけ

昔の自分に似てるとか
よくそんな恥ずかしい変なセリフを
言えるもんだw

昔から
痛いヤツに
そういう事を言われるが
殆ど黙っている
その必死さ加減に絡むと
コチラも痛くなるからだww

逆に影響を与えてくれる人間は
そんな事を気にしていない

皆何かしらのバックボーンがあっての
自分発信か
口気持ちE言葉だから
と、気にも止めていない

同じ言葉を使っても
意識が違うとこれだけの違いが出る

昨日マナブ君と
サシ呑み二回目

ちょっと
込み入った
お互いの趣味の話を
約五時間半w
楽しく面白い時間は
あっという間だった

因みに
自身のサシ呑みシリーズは
気に成っているバンドマンや人間と
ちょいと込み入った
色んな話が只したい
という所からやっている

3・11以降
何時国に殺されるのか
判らなくなったから
せめて自身がカッチョEと想う人間と
出来るだけ色んな話をして
良い影響を受けたく始めた

まだそんなに行ってはないがw

その人間の流れが観得ると
勝手ながらも景色を何となく
共有した感じになる

それを自分の血肉にしたい
きちんとバンドと向き合いたい

良循環はイライラしない
だから今まで
本当に無駄なヒトと
本当に無駄な時間を費やし過ぎた

今は会う人間や
呑む人間や
話す人間を考えてる
もっと早く気が付くべきだったw

昨日の時間は心地よく
家に帰って歌詞を書き留めたり
リフを構築したり
良い時間の使い方が出来た

そして頂いた
厳選されたベストテープは
今日の気分や天気にハマっている

そこから観得た景色は
何気ない日常の幸せ
自転車に乗って
ちょいとそこまで歩きたくなる感じだw

小銭稼ぎでもなく
小さなメジャーごっこでもなく
売名行為でもない
低い自分の目線を
上げるのではなく
他人を陥れ
他人を下げる笑われ者でもない
前向きで真っ当な表現者の
景色って穏やかで美しく
同時に深い闇と
やり場のない日常の順当な怒りが
共存している

材料に気を使って
食べる相手を喜ばせたい一心で
造られた本当の意味での
ご馳走な料理の様に
後味が心地良い

真っ当な表現者の表現は
ネガティブな感情も
ポジティブな感情に変えたい一心での
浄化作用で在って欲しいとも想う

物事は流れで
たまたま観た
一部ではない rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

12/05/2015

色々と

迷惑を被ることがある

自身は原因をつくるヒトが
悪いと想っているし
自身の生活から排除するのが
一番だと想っている

それでも
不可抗力はあるし
トラブルもあるが
意図的に
もしくは何も考えもしないで
自意識ないまま
ただ事を及ぶ下らない低レベルに
巻き込まれるのは
単に時間の無駄と考えている

それでも仕事になると
そうも言ってはいられない
今の仕事現場の一つに
自身が興味も持てない
下らないヒトが
沢山居て
時には相手をしなきゃ
ならない場所がある

其処に居ると
過去の嫌な出来事を
沢山想い出す

一言で言えば
地方出身者の事ではない方の
田舎者の集まりだ

以前勤めていた会社で
一人無神経で身勝手なジジイが居て
極度の高所恐怖症の自身は
この馬鹿を見越して
社員旅行の事前に担当に
高所があるかどうか確かめた

要はこの馬鹿が
それを知れば
自身を押したり
脅かしたり
するのが目に見えていたから
高所があるなら
社員旅行は不参加するつもりだった

自身の親も認め
小児科の先生お墨付きの
極度の高所恐怖症だからだ

それがその担当に言えば笑われ
そばに居た事務員には
馬鹿にされた

話にならないから
不参加の旨を伝え
必要ならば
精神科で診断書でも取りましょうか?
と尋ね
最後に
好きでなったんじゃないと伝えた

相手の立場に立てない
自分の世界観だけが100だと思っている馬鹿に
ずっと辟易としているし
同じ価値観は共有できないし
同じ言葉を使ったとしても
意味合いも違うし
至ったプロセスも違う。

時たま
何の迷惑もかけられていないのに
見た目だったり
器用に出来ていなかったり
時代遅れのものに関して
ただ好みだけで馬鹿にするヒトを見る
このバンド界隈でもだ

迷惑かけられたなら言えばEが
ただ自分の好みと違うものに対し
ただ嘲笑ったり
影で馬鹿にしたり
笑いになるイジリではなく
笑いにもならない
馬鹿にしている本人だけが楽しんでる
不愉快なシチュエイションに
会うことがある

言っても判らないヒトだから
黙っているが
不愉快だ

色んな線引きって
こういう所にある

こういうヒト達が
本当の意味で笑われいる
田舎者なのだ

そのヒト
人間に信用があるかどうかは
相手の周りに居るヒト、人間を見れば
何となく見得てくる

だから友人が恥をかかないような
人間でありたいものだと
朝からYMOの三方に
DVD越しに音楽の授業を受けながら
切に想うのであった  rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2015 | Main | January 2016 »