« August 2015 | Main | October 2015 »

09/24/2015

誘われてて

出れなかったライヴに
顔を出しに行った

土日が動けないので
平日にあると
非常に助かる
ほぼ一年ぶり位にハコに行った

仕事の後
田辺ファミリーと吉祥寺で合流
モトイもサトルも
覚えててくれて嬉しい

ちょいと
酒をひっかけ
ハコへ

初見のTwlow
硬質なタメの効いた
’90年代全開の
今のサウンド
塚本さんのドラムのタイム感って
クセになるな
非常に男臭いeバンドでした

ライヴでも
懐かしい顔ぶれに
沢山会って
嬉しかった
アダチ君も元気そうで何より
山形出身の自身は
東北の現状が
ずっと気になっている

ライヴの後
銭湯に行って
鍋宅に宿泊させてもらった
 
手厚い
おもてなしを受け
結果 ベロンベロンw

心ある人間達は
温かい

久々の生猫モフモフも至福

一日俺一人で至福団

子供達と
戯れて
改めて
戦争法案など認める訳にはいかない
と 強く想う

笑ったり
笑わせたり
時には笑われたり

幸せは
その隣にしか
無いと想った RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

09/19/2015

散文的な言葉

が散らばりすぎて
頭じゃ判っているが
言葉に纏まらない

戦争法案が
可決風になった

議事録はとっていない
条件を満たしていない為
憲法98条にはふれている

勿論 違憲だから
道筋はある

が 権力振りかざし
なりふり構わず
あらゆる手を
使ってくるだろう

自民党、公明党
戦争法案賛成の党
議員
恥を知れ

国会前
新横浜は
希望に満ちて熱かった
皆 当然の様に
諦めていない

無関心から関心
そして日常会話になる
布石になった
皮肉にも

自身も
にわかだ
ずっと活動している
人間はいる

にわかが
積み重ねればEじゃないか

23歳の若者が
誰よりも的確な言葉で
スピーチした

国会前で彼を
間近で見たが
何処にでも居る
小柄な若者

多感な23の若者に
あそこまで言わせた
自分等の無関心さを恥じた

被爆国であり
戦争を放棄した
この国は
戦争に参加しない
加担しない
これは政治家の仕事だ

仕事をしてくれる人間を
選挙で選ばないと
憲法を無視し
勝手に戦争ができる体制にし
いつの間にか武器を輸出して
戦争で金儲けをする

アベノミクスの正体は
武器の輸出だったんだね

これからも
基本的人権を
取り払う法案を
可決しかねない

大きなニュースの後ろで
馬鹿の一つ覚えで
勝手に可決する

審議も
審査もさせずに

今回の事は
教師 親の方は
是非 お子さんに
この事を
流れで話をして欲しいです
この先に繋がるように

無関心が悪循環を呼んだ
みっともない一日を
繰り返さないように

無関心は
悪への加担だ
今の安倍政権では

来年の選挙で
今回の賛成議員
片っ端から落とさないと
自分等が
今までの様な生活が
できなくなる

大げさではない
これはTVの向こう側の話ではなく
日常にやって来る

だから
政治の話は
日常会話でなければならない

18歳になる皆さん
今回の与党側に
何を想いましたか?

頭は使う為にある
よく考えよう
間違ったら
過ちを認めよう

来年 初夏まで
選挙の開票の可視化が
何とかならないものか

色んな事を考える RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

09/02/2015

劣化コピー以下

影響って
あくまでも影に響くものと
想っている
それが表面まで出て
振り幅も理由もある
E例もあるけど
基本感触程度だと想う

だから
表面だけなぞったモノは
コピーもどきか
劣化コピー以下

物真似という表現もある
ここには
愛憎が入り混じり
また別次元に行く
清水のミっちゃんや神無月氏の様に

何か此処が
混ざっている様に想える

大概は
コピーもどき
酷くは劣化コピー以下
だと想っている

先日
談志師匠が
芸論を話している映像を見た
理論が入り乱れ
一聴すると
話の筋が何処にあるのかが
判らない散文的な芸論だった

表現して魅せているものを
また一度 説明用の言葉に置き換えることが
これだけ大変なものだという事が判る

これを
上っ面のヒトは
こういう情報から
拾っただけの地に足のついていない言葉を
只 もっともらしく羅列するだけ
説得力がない

これが
劣化コピーに近いと想う

影響は
この言葉を足がかりにして
自分で体験して
見得た世界を表現する
其処に自分の意識が混ざっている
これが影響で
一見 元ネタは判りにくい

元ネタにそっくりだから
影響ではない
むしろ元ネタから
遠ざかる行為に近い

オマージュは
ここには書かないが
また別の意味がある

世の中は
E影響で進んでいる事は
少ない方だと想う

殆どは
後出しジャンケンで
情報からチョイスして
もっともらしい
劣化コピーを量産する

ジョン ライドン師匠が
音楽だけには
誠実さがあったから
今の結果がある
という意図の発言をしている

この誠実さ
という事だけが
バンドサウンドの先を
照らし続けるのだと
想っている

うどん県から
贈られて来た
讃岐うどんを茹でながら
そんな事を改めて考えていた

荒木君 有難う rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2015 | Main | October 2015 »