« 秋田の大巨人よ | Main | 三年ぶりに »

04/08/2015

思惑と敬意

聞いた話

とある地方のバンドが
某バンドをライヴに呼ぼうと連絡をしてきた
予定日は日曜日
やり取りをしたメンバーは
他のメンバーに伝えると
ひとりのメンバーが
どうせ日曜だし客も来ないし
ハコではなくスタジオライヴかなんかで
昼間にやって早く帰りたい
との意見を言った

後日 話が交錯して
昼間のライヴと夜のライヴの
二本立ての話になったと言う
(詳しくは忘れたが要はこんな感じで
話が大きくなってしまった)

意見を言ったメンバーが
やり取りをしたメンバーがやらかした
と この話をした

意見を言ったメンバーは
やり取りをしたメンバーのせいにしていた
やらかしたのは意見を言った本人だ。

まず他人のバンドの企画まで
首を突っ込むなら
やり取りしたメンバーではなく
意見のある本人がきちんと事情を
企画者に言うべきだと想う

やり取りをしたメンバーは
一番困っただろう
思ってもいない事で
他人様の企画にリスクも背負わず
首を突っ込むのだから。
だから話の趣旨が上手く伝わらずに
企画バンドも話を汲み取れなかったのだろう。

この話でおかしいのは
地方から折角呼んでもらっているのに
その事に全く敬意が感じられなく
企画にまで首を突っ込んでおいて
本人は他人事な所

地方には地方の流れと しきたりが在る
首都圏やライヴハウスが多い地区とは
勝手がまるで違う所が多い

バンドをやり始めで
ツアーも慣れていなく
勝手が判らない状況で
出た言葉でもない

単なる見下したワガママだ

自身も地方出身者だから判るが
地方の労働給料が都心よりも低いうえ
ハコ代は都心より高い所も多い
ある程度 バンドを続けて
ツアーも慣れてるなら
すぐ判る話だ

だから地方からのお誘いは
非常に有難いし
自分等も人気バンドではないから
集客は少ないのにも関わらず
呼んで貰えるだけ嬉しい

集客は少ないかもしれないが
お客さんの一人一人の熱狂ぶりは
都心では味わえない位凄い
本当に熱い
それだけで自腹でも行く価値が有る

自身は地方の魅力は
真剣に音をライヴを感じてくれる所だと想っている
音にライヴに飢えている
残念な事に
長年やっていても
そうは思っていないヒト達も居るのだろうね

以前 某地方に 
お呼ばれしてライヴに行った

早めに現地に着いて
企画者に何か食いたい物ありますか?
と 言われ
時間に物凄く余裕が有る訳でもないので
この時間で この人数で入れて近所で
願わくば君等が良く好んで行く店
無かったらチェーン店でもokと答えた

ツアー慣れしてない頃は
あちこち行きたがってた時期もあったが
今は聞かれたら
大概こう答えている

企画者は即答で
E洋食屋が歩いて五分であります
と答え いざなってくれた
勿論 安くて旨く大満足

飯を食い終えて
地元バンドとバカ話に花を咲かせていると一人が
 rk2さん達は変な話手が掛からなくて本当に助かります
と 言い出した
こちらは熱いモテナシを受け楽しい地元民も集まってくれて
充分手が掛かっているよ 感謝してるよ
と答えると

違うんです
こういうのは僕等も楽しいから良いんです
困るのは
飯だけでも時間と距離があるから
事前に行きたい所や食べたい物があれば
言って貰えたらセッティングするのに
直前に言われて
すいませんと答えると空気が悪くなったり
一番本当に困るのが
繋がりも無い人気バンドや
枠も無いのに身内のバンドを出してくれとか
(企画者は地元のバンドとの繋がりも作っていきたい)
ハコを仮押さえしてから連絡しているのに
押さえたハコ以外でやってくれ と言われるんです

言われた通り出来る幅でやるんですけど
やっぱり後日そのハコから
何でウチでやらないんだ?
次から使わせないぞ
とか言われるんです

との旨の事

地方は地方のバンドの言う事に
耳を傾けるべきだと想う
都心の屁理屈は通用しない
地方バンドはその土地で
リスクを背負って続けていくからだ
だから地方からのお誘いは
非常に有難い

リスクも無く上目線で
こうした方が良いとか
やりたくないとか
面倒臭いとか
そんな思いがあるなら
行くべきではないし
バンドをやる以前の人間性の問題で
失礼だ

勿論 全部が同じ条件や状況で
バンドをやっていない
都心でも問題点があるように
地方ではもっと如実だ
選択肢がないからだ

少しでも
色んな地方のバンドが
より良く企画が出来る願いを込めて
この日記を書いた次第です 

改めてお世話になった皆様
有難う!
そして続けて行けることを願っています RK2



« 秋田の大巨人よ | Main | 三年ぶりに »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/61408555

Listed below are links to weblogs that reference 思惑と敬意:

« 秋田の大巨人よ | Main | 三年ぶりに »