« May 2014 | Main | July 2014 »

06/25/2014

百万ドルノキッス いよいよ発売!!!

本日 自身の手元にもブツが届いた
ヒーコ兄の構想から二年
嬉しすぎて
昼から祝盃

Cam001151


そして
以下の各バンドのライヴより
先行発射!

6/28土曜日 100万$のキッス発売
@四日市 ガッツU
バイセーシ
ワニのいる生活
BARBA PANGRIN
ANTONIOTHREE

open/start
1900/1930
door2000

PUNK'OPE+OLEDICKFOGGY TOUR 新世界2014
6/29(日) @新潟WOODY
OLEDICKFOGGY(東京)
KLAXONS
GOOFY KINGLETS
DERIDE

6/29 (日)
「ハーツアンドマインヅ 」
@狂都 上桂 Sutekki
GOFISH
H.M.V
Tumulus
BACON
《出店》
珍庫唱片
EGYPT RECORDS
《FOOD》
MM▲
open13:30 \1000

関東方面は
自身のライヴが無いためw
ライヴ先行発射はありません

よって近日中に
レコ屋に並ぶ運びと成ります!

いよいよです
渾身の一作

cmpvはこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=xQ1fVyYdfr8


その後の詳細はまた後日

確かな音が此処に在る RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/21/2014

いまいちな天気だ

昨日は色々用事を片付けて
夕刻には一段落し
独り呑んで
早めに撃沈したのだが
身体は疲れているのに
眠れず
いつもの不眠症がやってきた

結果 二時間おきに目が覚め
だましだまし
朝の七時まで寝た事にして起床

一週間の弁当を仕込み
明日からの準備を済ませ
朝飯を造り
今 プシュッ
とプルタブを引くw

今日は後、ゆっくり好きなことしかしない
こういう時間が大事なのだ

ここ数年の
糞みてぇな状況から
本当にE状況に好転したと想う
身の振り方は間違ってなかった

やはり環境って大事なのだなぁ

ようやくバンドに集中できる
ネタは山ほど在る
只 休んでいた訳じゃない
けど具現化までは
時間を要する
其の事に集中できる土台を
やっと造れた気がする

今の位置から
色んな事が観得る
色んな考えがとりあえずの
着地点を見据える

これからは
上手く立ち振る舞う事は
重要じゃない
人間そのものの単体の力が
露呈していくと想う

いつまでも
生きていられるとは
想っていない
着実に
目的に向かおう RK2


| Comments (0) | TrackBack (0)

06/20/2014

私的 wagplaty history9

バンドを続けていく以上
常に考え方は進行形でなければいけない
というか意味が無い
特に このバンドでは

常に意見が出なきゃ
おかしいはずだが
メンバーよりも
ヘルプのコニ兄の方がよっぽど
意見を言ってくれていた常態だった

gtがMになって
曲も持ってきてバンドに幅も出
少しマシにはなったが
溝が深まる部分が増えていく

完成形は何時も自分の頭には無い
とりあえずの原型だけが在る
完成形はメンバーで造らなければならないが
どうも噛み合わない

増えるライヴとアイディア
割り切って進めるが
結果 言われのない中傷と
勝手な先入観を吹いて回られる

自身の考えの正しさは今になって
少しは具現化出来たと想っている

ツアーの道中
コニ兄のカセットで聴いたw
日本のあらゆるロックバンドのカセット
此処が特に其の先に繋がるきっかけと成った

色々日本のバンドを聴いていくうちに
共通項が見つかる
自身の音楽が好きになるきっかけの
RC SUCCESSIONを其の時の感覚で
聴きなおすEタイミングだった
そして初心に戻ろうと
YMOや矢野顕子を
もう一度解析しようとした
其の事はとても大事だったし
次第に意識が変わっていった
自分等に必要な事も見えてきたが
結果 だましだましでしか進められなかった

勿論 自身の考えの甘さも在るが
決定的にバンドサウンドに対する
温度差がメンバー間で激しかった

ジレンマとそれでも進めた分の出る結果
バランスは悪かったが必死で進めた

そしてMからgtはAにチェンジ
其の間にコニ兄のヘルプも終わった
色々学ばせてもらって感謝している
勿論ヘルプが何時までも続くわけでもないし
溝が少し出来てしまったのも
正直な所だったから
丁度良かったのかもしれない
あの時に動けた事に
今でも深い感謝をしている

実はこの間に
色んな取り巻く状況があって
異国の地でWPをやろうかなと
考えた時期でもあった
自分の考えを具体的に確認したかったのだ

永住権の取り方
生活の収入源
そこに関わってくれた人間達は
ウエルカムな状態だったし
結構 具体的な話までいった
gtがAに決まらなかったら
他国に行っていたかもしれない
それほど悪い意味で煮詰まっていた

そしてdrはHに決まり
結果 そのままバンドは継続していく rk2


 

| Comments (0) | TrackBack (0)

E天気だ

久々の自分の時間
勿論 朝七時には目が覚め
天気を確認して 
掃除洗濯草むしり
飯喰って
支払い、買い物

やっと一段落

まだまだ滞るっている事は山積み

もうすぐ発売になる
百万ドルのキッス 4waysplitを
何回も聴いて確認している
これからの為に

手前味噌ながら
響く音源だと想う

今だからこういったバンドの
面白味が露呈していっている

其の逆もあって
聴いても観ても
面白味を感じないバンドも露呈している
と想っている

やはり上っ面だけじゃ
限界が在る
だからウチラの様なバンドの意味が在る

是非 聴いて確認して頂きたいと想う一枚だ

そして
先日観たアンチスペクタクルも
素晴らしかった
出会い頭にベロンベロンで
前日からあかんねんと言っていたw
s太郎兄の眼がキレッキレ
演奏もキワッキワ
年甲斐も無く前列でモッシュしたうえに
テキーラ三杯も呑んだw
心に響くには大事な事がある
その大事な事が体感できたライヴだった

ウチラもつんのめって生きたいね

コメ兄が造ったCMPVです↓

https://www.youtube.com/watch?v=xQ1fVyYdfr8

先日のクラスの映画に続き
マージナルの映画も観てきた

監督である中西あゆみさんは
その昔 ウチラがサンフランシスコでライヴをした時に
写真を撮ってくれたカメラマンだ
今はフォトジャーナリストになるのかな

実はWPのbest of shits!!の自身の写真は
中西女史の写真だ
何時か手渡ししたいと
タイミングを見計らっていたのだが
中々 都合が合わず
17年ぶりの再会となった

映画は素晴らしいの一言
クラスの映画との共通点が
非常に多いのだけど
一つだけ決定的に違う事がある
其の違いが
大きな説得力に繋がって
今に至るのだとも想った

インドネシアはジャカルタの
パンクシーンの一部のマージナルというバンドと
その周辺のドキュメントなのだけども
パンクに興味が無い方々にも
見ごたえがあって
考えさせられるのではないかと想う
楽曲も良く練られ
非常にキャッチー

自身が行った日は
監督のトークショウと
マージナルのアコースティックライヴが付いた最終日
ライヴも良かった

そしてこの映画は
観る者を振り分けるとも想った
自分のメリットだけしか考えられないヒトには
それなりの感想しかない
と いう事だ
肝心な所を見落とす

この映画は、まだ製作途中なのだけれど
完成を拒んでいるというか
完成は無い映画なのかもしれない
区切りとしての完成は
当然 在るのだろうけれど
彼らの生活は、ずっと進行形だから

渋谷のアップリンクで
六月いっぱいレイトショウになってるはず
是非 お奨めです!!

自分達はいかに恵まれた環境で
バンドをやっているか良く判る

ヴェロシチュウトの山下君と繋がった時も
自分等のぬるま湯加減に嫌気がさして
色々 考えるきっかけになったが
今回は国単位の話しで
自分自身のぬるま湯加減に辟易とした

人間的な器じゃ絶対かなわない
だからせめてバンドサウンドとしてだけでも
当たり前の様に極限まで詰めて生きたいと
改めて想った

兎に角 一度観て欲しい
違う国でのパンクが
いかに生活と密着せざるを得なかったか
考えさせられる

そして日本がいつこうなっても
おかしくない政党が政治屋が
牛耳っている
其の事を忘れてはいけないと想う 

タレントのドラッグや芸人の不倫や
サッカーや色んなスキャンダルの影で
いつも何かが、こっそり進められている
其の事も忘れてはいけない RK2


| Comments (0) | TrackBack (0)

06/03/2014

俺は

やっぱり亜流には混ざれないし
興味が無い

それで良かった RK2

この唄のよさ~がいつかきっと君に~も~ 

| Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2014 | Main | July 2014 »