« December 2013 | Main | February 2014 »

01/12/2014

私的 wagplaty history8

音源を出した後の反応は嬉しかった

自身は好きでも嫌いでも興味を持ってくれればE
それはずっと変わらない

そして時には好意的に想ってくれた人間の
聴き方の深さに感激したりもした
少数ながら的確に想いが届いて
出して良かったと改めて想った

gtがYからMにチェンジし
週末に連続のツアーもやって
地方の色んなバンドにお世話になり
見える景色が変わってくる

1stEPのアウトテイクと
ライヴの音源を加工し
四曲入りの今で言うCDRを造って
(CDRなんて言葉も無かった)
持って行った

このバンドではデモテープは造っていない
理由は音質の如実な劣化
折角凝ってレコーディングしたのが
度重なるダビングで不本意に劣化していくのが嫌だったからだ

そしてプロコピーカセットを今みたく
安く少ロットで引き受けてくれる業者を知らなかったし
多分無かったんじゃないかな

デモテープは劣化も含むで味だったりするが
このバンド向きではないと想っている
今はプロコピーのカセットは出したいと想っているけど 笑

実質そのCDRがセカンドに当る
多分50枚位しか造れなかった

理由は原価が高すぎたから

当時カラオケボックスには
唄った音をその場で焼いてくれるサービスがあって
カラオケボックスに交渉しようとした所
知っている某所のスタジオで
同じ機械が置いてあって
スタジオの店員に相談し
長時間の使用の許可を貰った

長時間使うし
一枚CDRが1000円した
それで少数の製作になる
ケースとジャケのコピー代もかかっていて
それでも1000円で売ったから
一枚売れても赤字 笑

それでも儲けよりも
音源の品質、内容、ツアー用のリリースに、こだわりたかった
だから二日間で約350分(」約7分×50枚)も
我慢できた
当時は全部当倍でしか焼けなかったから
約二日間朝から晩までスタジオでCDRを焼いていた

もう一つ言えば実際約350分+約175分だった
何故なら最初にマスターを造る時に
焼き損じが発生していて
約25枚分エラー品が存在する(微々たるノイズだったけど)
それはスタジオの好意でオマケして貰った

だから実際は50枚+25枚のエラー盤が存在する
(エラー盤はあげたりした)

そんなこんで
ジャケもまたサークルデリックの南雲さんに
協力してもらい
編集、マスタリングは1st時と同じ
専門学校の同級生Tにお願いし
協力してもらった

ライヴ音源には効果音が後ろに入っている
それもスタジオで即興で録った

バンドをスタートした時に
やりたかった事を
着実にかなえていった

が それはそれで見える景色が変わった分
視点も目標も変化していく

もっともっと面白い事がバンドサウンドで
出来るのではないか?
しかし それは一方では深い溝になっていく
原因でもあった  rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

賀正!

本年も宜しくお願い致します!

コメント欄は業者やスパムが多くなってきたので
止むを得なく承認制にしました
しばらくブログを放置する事もあるので 笑
時間がかかる事はご了承下さい
ドゾ ヨロシク

完全な寝正月で太った
現実に引き戻され
六連勤から一段落

大瀧 詠一御大の突然の訃報に
驚いた年末年始だった
生活が落ち着いたので
今更ながらずっと
はっぴいえんど を聴いている

自身は師のソロは持っては居ない
実兄がファンだったから

どちらかといえば
はっぴいえんどの師のファンである

ツイッターでの松本 隆氏の追悼文が
グッときた
何故十二月の旅人なのか
やっと理解できた事
はっぴいえんどのメンバーで棺を担いだ事。

自身が初めて聴いたのは
小学五年生の時
教授のサンストで

当時から既にレア盤で
店頭でも山形では見る事は無い

だから教授のサンストは
音楽の教科書の様な番組だった

やっと購入出来たのは
1985年の再結成ライヴ盤
十二月の雨の日は
いまだに口ずさむ名曲だ

以前運ちゃんをやっていた時は
当然AM放送を愛聴し
落語やお笑いやラジオに造詣が深かった師が
高田先生のラジオビバリー昼ズに
年に一回出ていたその回は
何時も心待ちだった

密なファンではなかったけど
何かポッカリ穴が開いた様で
寂しい

確かな音を出せる音人が居なくなってしまった

合掌

新年の一発目が
訃報についてではそれも何なので
今年の当バンドの予定を

今春位に
ハードコアキッチンより
4waysplit v.aに参加予定です

deride
アントニオスリー
HMV
と収録予定

曲者だらけの水泳大会

ライヴはしばらく予定は立てられない状態ですが
音源は出すので
本年もヨロシク!!  RK2


| Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2013 | Main | February 2014 »