« October 2013 | Main | January 2014 »

12/31/2013

感謝

関東ガラシャツ集会に十年ぶり位に行った 笑
KGS復活でもあったこの日
久々の面々と旨い酒を呑んだ

E企画だしペストはEバンドになったと
しみじみ想った
継続の仕方って大事

皆 笑顔

数日前のスタジオ納めも
森がよんどころの成らない事情で
三人だったが
来年を見据えてE酒が呑めた

国はどんどん壊錠していっている
気付こうとしている人間と
二分していっている
情報だけで判った顔しているのは
気付けていない事と一緒だ

もっともっと
窮地に立たされることも
増えるだろう
自分の頭を使って無様に恥をかけないヒトには
成りたくも無い

だから情報って邪魔になっている事が多い
と想っている

来年も
近年通り
恥をかいて無様に生きていく所存で御座います

全ての前向きな表現者と
笑いと平和を愛する人間へ
有難う

そして来年も宜しく 

何とかバンドはライヴが出来るまで持っていきたい
そして春に出る予定の音源のインフォは年明けに 

RK2


| Comments (0) | TrackBack (0)

12/15/2013

大豆

製品を今日はよく食べた
納豆に油揚げを刻み
豆腐の上にも
荒木君からの贈り物の饂飩にも
かけて食べた

本日は昨日の鯨飲がたたり
夕刻に朝飯兼晩飯

昨日のスタジオの録音を聴きながら
あれこれ確認
次の音源に向け熟考

忙しかったので
疎かになっていた家事と
プチ大掃除
布団干し

食材の整理をしたら
大豆小麦祭りに
パンチも欲しかったので
生姜焼きも造った

昨日のスタジオ後の呑みで
オサム君が話題にしていた
IPAがどうしても呑みたくなり
家の備品と食材の買い足しついでに
酒の大型量販店まで足を伸ばし
ラス一になっていた
インディア青鬼と東京ブラックをゲット

ホップの香りが素晴らしく濃厚
自身が求めていたbeerの味が其処に 笑
が 高いから給料日後のご褒美だね

先日のNO企画
HMV7インチ+CDのレコ発tky編及び
北新宿HC V.A vol2先行発売記念
企画も攻めていて結果も出て非常に良かった

朝方当家に来たHMV一同と
久々に杯を交わし
NOの企画では秋田の地酒Yが非常に美味しく
ライヴも濃密
久々にRJVも観れたし
スー兄との会話も面白く
至福だったね

久々にハコに行くと
ちやほやしてくれるから嬉しい 
ナベマニアックスもバンドヒストリ褒めてくれたし 笑

HMV新譜は身内贔屓抜きで必聴です
進行形のパンクバンド
懐古的とは一線をかす現在形
love over voltage通販かBASEで買いましょう

北新宿HC V.A vol2も個性派揃いで好内容です

ライヴ前にHMV一同と行った
絵師ヨシ絵の個展も圧巻(リンクにも奴のHPを追加)
あれだけの作品が並ぶと圧倒されるね
才能と努力を努力と想っていない事と
継続って素晴らしいな やはり
感動してしまった

そこでも
MTMT君ファミリや京都の貴公子YMJ君とも
バッタリ再会
嬉しかった

ほんと糞みてぇな日常から
切り離されると安心する
そしてこんな一時の為に
また糞みてぇな日常に戻される

やはり新曲の歌詞通り
自由は不自由の中の一滴だと
感じざるをえないのだ rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

12/01/2013

左手

新曲の歌詞にも出てくる
唄の女神の左手

勿論矢野さんの事です 笑

今年のさとがえるツアーのトレイラを観てたら
合間に奏でるアッコちゃんのピアノの左手が
本当に美しい

楽器を操る手元を観て
美しいと想ったのは
アッコちゃんと
イドラのトシヤ兄だけ

まるで不自由さの中の
一滴の自由の様な美しさ
観とれてしまった

色々やる事は山積みで
酷くバタついていた

その中、ちょっと前だが久々に外にライヴを観に行った

ライヴ前に前日ライヴに来てたPTDの面々に
NOハウスで会って軽呑み
元気そうで何より

そしてデライドを観に二万へ
進行形のスゲェライヴ
はずさないね
奴等は

楽し過ぎて呑み過ぎ
潰れかけ家まで戻る自信も無く 笑
再びNOハウスへ行き泊めてもらった
久々に酔い潰れた


そして先日
これまた久々にローズローズをリハから観に行った
今年で結成三十周年
機材が多いのに
音決めの早さは流石

コニ兄とも久々で
積もる話も沢山
ライヴも熱く
E一時を過ごす

そしてこれまた久々にKIDと遭遇
とりあえず元気そうで何より
皆色々在るが
前向くしかないもんな

アッコちゃんの音楽堂や
細野さんのホソノヴァなんか聴きながら
あれこれ次の動きの準備をし
熟考
LIPCREAMやCITY INDIANを聴きながら
熟考
サザンデスカルトやモノクロームセットを聴きながら
熟考

あれこれ考えている間は
非常に楽しい
ホント
日常は常に色々あるけど
目的の為に
熟考した事を具現化するのみだ

昨日安値でゲットした
中学生の頃から探してた
教授と高橋悠治の対談集
比較的綺麗な状態で見つけた事で
日頃の鬱憤は晴らせた事にしよう   rk2


| Comments (2) | TrackBack (0)

私的 wagplaty history7

レコーディングも無事終え
トラックダウンも軽いマスタリングも済ませ
後はアートワークを残すのみになった

当時高円寺に会ったレコ屋サークルデリックの
南雲さん(当時ペインジャークでもあった)が
協力してくれた

モノクロの二つ折りのジャケ
自身が書いた稚拙な絵を
PCで巧く加工してくれて
それを絵に見立て
枠ににはめたジャケにした

裏ジャケの写真は
ここのリンクにもある
アパレルブランドaudienceの社長Oのもの

自身のこだわりで
日本の自主盤は三曲入りの45rpmってのがあってその仕様に
ちょっと凝って緑のカラー盤(少し音質は落ちるらしいが)
ラベルも南雲さんがうちのイメージで造ってくれた
メンバがヘルプでレコーディングしたので
メン募のフライヤも入れて
dollに広告もうった

プレスにまわし
確か二ヶ月位で仕上がったはず(確か)

待ち遠しかった
初の音源でアナログ7インチ
届いた時は感無量だった

BOYとサークルデリックに卸した
ディストロなんて言葉も知らなかった 笑
ライヴの手売りで何年かかってでも
のんびり売ればEと想った
が 嬉しいことに
仕事から帰ると
一週間毎日の様に
色んなレコ屋から
卸して欲しいとの留守電が入っていた

その度にボーンアゲインストみたいだと言われた 笑

dollのboyのシングル売り上げベスト一位がリベレイトの1st
二位がうちらで凄く嬉しかった
当時クロさんと同じ職場だったので
笑いあったのを覚えている

そのきっかけでboyの私的ベスト10も
書かせて貰ったのも嬉しかった

音源を出すと
状況が少し変わった
興味を持ってくれる人が増えた
ライヴの本数も

とあるファンジンで
アナログに対しての愛情が感じられる
嬉しい一枚との評も嬉しかった
其処が肝だったから

そしてこの時期に家に一通の封書が届いた
当時某Vの店員だったTCO兄からだった
自分のやっているファンジンにも
良かったらただで広告が出せますよとの旨で
某Vに会いに行った
その少し前にも当時のBaのTの友人だと言う事で
南君にも会っている
そうBASEに繋がる付き合いも
この辺りから始まっていった

アクションを起こせばリアクションが必ずある
それを実感し始めていた  rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2013 | Main | January 2014 »