« September 2013 | Main | December 2013 »

10/28/2013

展望

ビドア、ミッドナイト リザレクターのkidのブログリンクしました
もうすぐ彼の唄う
アシディックソイルの新譜も出るみたいです
たのしみですな

本日 朝早起きして
近隣の警察署へ
免許の更新
十五年ぶりにゴールドになったので
楽に済んだ

ついでに整体へ
かなり酷い状態だった様で
いつもより長くサービスしてくれた
おかげで調子が良い
が 施術中は唸りっ放し

その近所で
最安値の第三ビア発見
購入し
各 支払い等を済ませ
疲れたので帰宅

昼飯をすませ
最近はネットで
日本の集落の風習
それにまつわる話を調べている

此処二、三年やたら惹かれている
それは多分自身のリアルおとんに
由来しているのかもと考察
秋田の物凄い田舎の出身だから
実家に帰ったら
色々聞いてみようとも想っている

怖い話も多いので
音楽だけは景気の良いのをかけていて
久々にゲイシャガールズを聴いていた
大人の本気の悪ふざけは色褪せないね

サークルワンのDK’s感
BYOのコンピは捨て曲無し
スウェルマップスのVU感
ジョイデヴィジョンは密かにポップだと
改めて想った

ちょいと昼寝をし
起きて
某機関へ相談
やはり自身の考えは間違ってなく
判断も正しかった
と いうかもっとやって良かった様だ
安心

今日しようと想っていた事は
山積みだったが
全部こなし
弁当の仕込みも夜メシも完璧

自身の中では冬の定番
鳥塩ニンニク鍋がスタートしている

昨日はずっと観たかったけど
タイミングを逃していた
森達也氏の
A、A2をネットで四時間ぶっ続けで観た

自身は本、映像は後回し
体調やテンションに左右されやすいから
ってのと
話題作のうちだと
話題の流れがあるから
時間が経ってからの方が
より冷静に観れる 

あの映画がすべてではないけど
知る事は大事
カルトはカルトだ
メディアは映像と言葉を屑にする
K察は権力893
不均衡の三つ巴
その中に人間らしさが
あったとしても順番が違う
結果へのプロセスが違う

俺は常に それ を言っている rk2

F9449072s


| Comments (0) | TrackBack (0)

10/13/2013

私的 wagplaty history6

1stEPレコーディング当日

場所は都内某所
同級生のツテを伝って
研修という名目で
一日 某有名人所有のスタジオを抑えてもらった

Eガヤ兄のDrセットを下ろし
機材関係を下し
一息ついてセッティング

多少ハマッたが
最初にしてはまだスムーズにいった方だ
スタジオに置いてある機材を
想いつきで使ったりもし
五曲
晩までには録り終えていた

やはりやってみて判ることの方が多過ぎる
狙った訳ではないのに
結果オーライも多かった

エンジニアは同級生にお願いしたので
比較的我侭もきいた
というか 記号の様な自身のお願いに
懸命に答えてくれた

48chのデジタルレコーダー
音はクリアな感じで
前に音が出てくるイメージ

スピーカーのすぐ中で
音が浮き出すイメージ

リヴァーヴ感を抜いた
NMNのWRONGの音の感じ
ローザルクセンブルグのセカンドアルバムの
乾いた音の感じ

今聴くと どこが? だが 笑
あの日の懸命さは出せた
っていうか言ったらキリが無かったから
ハマる前に切り上げた

VOは特に時間はかけなかった

昼飯は近所の弁当屋で
夜は皆で飯屋に繰り出して
比較的和やかに終えた記憶が在る

Eガヤ兄は流石で
殆どハマらずだった

スタジオの都合で
二週間あけて
自身の母校の別館スタジオにて
(卒業してから出来たらしい)
トラックダウンとマスタリング

自身も考えが甘かった為
全体を混ぜた時と
持っていたイメージが重ならず
少しハマる

途中切り替え
別物と考え
音がスピーカーから出るイメージだけを残し 笑
何とか夜半前に
軽いマスタリングまで到達

この二日間で学んだ事が大きい

そしていきなり48とかではなく
まずは4トラックから
考え直さねばと
この後のレコーディングへの概念と繋がっていく

卓で音を操作するのではなく
バンド側のチューニングこそが大事だと
それはバンド内部の意識が重要になってくる

要はレコーディング以前の問題
音への根本的な取り組み方

そしてCDRも出始めで
まだ今の様に安値ではなく
一枚五千円もした

無駄なく効率よく
金は抑えて
という貧乏バンドマンには
何が必要なのか
非常に実の多いレコーディングだった
個人的には

本位じゃない部分も含め
収穫の大きい
意味の在る二日間だったのは間違いない

そしてとりあえず出来た音源の次は
ジャケットの行程だ

それはまた次回に rk2


| Comments (2) | TrackBack (0)

緩急

少し自分の時間を造って
色んな事を考えてた

昨日は
日本の未解決事件簿のサイトを
斜め読み
暗黒面は
見える表面が変わるだけで
中身は変わらない

日本は治安が良いのではなく
情報で治安が良く見せかけているだけ
の 様にもとれる

問題点はずっと変わっていない
と想った

興味深いのは
ネットの中にも
漏れない情報って
結構在るもんだね
まぁ 行くとこまで行けば
在るのだろうけど
其処まで追いかけようとは想わない
見え難い
ってのも見えた結果の一つだから
そこで見える理由もその時点で浮き彫りになっているし。

先日近所の家の人が
要らない本を家の前に出していて
欲しい人はどうぞ
と 書いてあったので
数冊面白そうなのがあったので
持ち帰った

こういう金以外の事が利益目的以外で回る
ってのが今後大事なんじゃないかと想っている
盲目的に消費させられている事に
気付けないのは不幸だ
些細な事だけど
元々日本ってそうだったんじゃなかったっけ?
服にしてもワンシーズンで終わる服だけじゃ悲しすぎる
一生物を昔の様に少し増やすのも
また別な結果で返ってくるもんじゃないかと
こういう些細な事から想ったりもする

そして頂いた本の一冊は
東京駅周辺の地下道についての考察本
地下鉄が過去に国が造った
巨大防空壕を利用しているという旨の本
本書の中で
はっきり言って特筆的に判った事は何も無い 笑
TVの怪奇特集の様な百凡の落ちの内容だったが
入り口としてはこの位で調度E
要は浮き彫りになった事があるからだ

学校で教えられた
捏造された奇麗事の上っ面の歴史は
とても退屈だったし記憶にも残らないが
本当の歴史は不謹慎ながら
ドラマチックで面白い

事実と真実は違う
正しいから安全とは限らないし
危険だが円滑に回ることも在る
けど 其処には最低限のモラルとリスクが必要だ

自分がやらない事を(やれない事)を
他人に強要するのも
大義名分だけ造って
趣旨を摩り替えるのも違う

本心を突かれたのを反省も感謝もせず
逆切れする事から軋轢の一歩目が始まる
この一歩目を誤魔化すのも違う
この一歩目が肝心なのだ
此処を無視して
それ以降の話は無い
其処なのだ
只 言い張って違う違うと
馬鹿の一つ覚えに連呼して
影で嘘を吹いて回るのは論外
ツケは回る

ここ数週間は
家事もある程度できたし
料理も結構出来たし
アルコホールの摂取量も
ちょっと増えたが
とても穏やかに過ごせている
自身の考えていた生活環境は
今の所間違っては居なかった様だ

今は情報と人の流れは軸として要らない
今までの考察の結果を一旦出した方が
有意義だ
そして其処に身を投じたら
浮き彫りになった事が多過ぎる
ちっとも退屈ではない
むしろ忙しい位だ

大事な事から
目を背けさせられて
人間らしさを忘れたくはないし
其処に漬け込んでくる馬鹿に
利用されたり一端を担がされたりするのは
時間の無駄だ

必死になるのは
対外ではなく対内だ

色んな所を観て感じたのは
小銭稼ぎをする為に奇麗事を拡散
中身の無い使い捨ての屑を大量生産
いずれ結果が出るよ

俺はその時に自分の為に笑えてればそれでE rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2013 | Main | December 2013 »