« yellow magic orchestra | Main | EIEFITS アルバム493 »

02/09/2013

矢野顕子、忌野清志郎を歌う

自身の中で
アヴァンポップの最高峰
感動した
特に500マイルのアレンジ
カヴァのカヴァ
本物から本物へ

全体通して
完全にアッコちゃんの唄だ
本人曰く
存命でも造ってたと
インタヴュでも答えてた

そして
真剣に本心で伝えてた事だから
心に届くのだという意味合いの事も言ってた

ふり幅を知らない本道を笑いの対象として嘲笑していたのに
意味合いの軸が無くなったまま
嘲笑だけが残った
意味のない上目線
汚い駆け引きと事実の一部を湾曲して
嘘で塗り固め陥れるのが当たり前になった
自己を防衛すれば
被害者を
加害者に仕立て上げる

嘘で塗り固めた
上っ面の言霊の無い言葉もどきより
真剣な言霊の入った言葉が響かなくなってきている

嘲笑の為の嘲笑

そんな今を切り裂いてるかのようなアルバムだ
だからカヴァというより
ボスを題材にしたオリジナルアルバム

最後に収録されたあの曲は
今回の録音状況に合わせた
リマスタリングで
アッコちゃんがインタヴュであの曲は
彼の為にあった曲です
と答えてたあの曲

この曲のために
このアルバムが出来たかのような
不思議さ

こういう言霊が伝わる世の中であってほしい RK2

News_thumb_yccw10192



« yellow magic orchestra | Main | EIEFITS アルバム493 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/56727729

Listed below are links to weblogs that reference 矢野顕子、忌野清志郎を歌う:

« yellow magic orchestra | Main | EIEFITS アルバム493 »