« 事実は一つ | Main | 唄う »

01/22/2013

音への姿勢

これがダイレクトに音に出る

出音を聴いたら大概は判る
必然的に伝わる

そういう人間と音を出すと
とても嬉しくなる
勝手にテンションが上がるのだ

以前尊敬するバンドマンとの話の中
グレコを愛用するそのバンドマンは
他の人は知らねぇけど
俺はギブソンなんか使いこなせねぇよ
使いこなすにはグレコが俺には調度いいんだ
と言っていた

至言だと想う
高い楽器だと
弾いているのではなく
弾かされているんじゃないかって気になる
とも言っていた

身の丈に合った物を
使い倒す
これも音への姿勢の一つではないだろうか

カタチから入るのもEかもしれないが
自身にもこの感覚が丁度E

自身の身の回りには
高いブランド品や
高級品は無い
身の丈に合わない

丈夫だとかいう利点はあるかもしれないが
頭を使って
自分らしさを出すほうが向いている

だから頭を使って
嗅覚を働かせて
自身等の音に興味を持ってくれたら
とても嬉しい

音楽自体は各個人がブランドだ
その気になれば
安い機材でも
頭の使いようで
最高の音が出せる

当バンドは
そこだけはハズしたくない rk2


« 事実は一つ | Main | 唄う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/56599014

Listed below are links to weblogs that reference 音への姿勢:

« 事実は一つ | Main | 唄う »