« December 2011 | Main | March 2012 »

02/27/2012

余韻も覚めぬ身体は正直

はい
腰ボロボロです
絶賛通院中 泣
歳をくうデメリット

通院している整体が
少々変わっていて
中々面白い
理にかなっている部分と
ビジネスライクなシステムのギャップ 笑
矯正だから
多少の即効性がある
しばらく通院だ

私生活でうんざりすることを
病巣に例えると
自分の中での説明が付いた
あくまでも自分の中では

今まで何気なく通過してきたモノへの
再確認が多い
歳をくうことのメリット

気づくこと
忘れること
バランス

色んな時期が来る

聴き返して
再評価してしまうことが
多いことは
結果面倒なことに
片足を突っ込んだも
一緒

物欲よりも
知って忘れることに
貪欲になっている rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

02/19/2012

BABY!逃げるんだ

このライヴでBaの荒木君脱退の為
22番は姿を消しますけれど
すぐに花の様になって姿を現わしますでしょう

しかし気分の良い
楽しい一夜

朝方HMV一同が当家到着
飯喰って寝て
渋滞の中ハコへ

リハも滞りなく
懐かしい顔がゾロゾロ

珍しくライヴ前なのに
居酒屋で呑んでしまった

そして目の前でヒーコ兄が
誰かとハグしてる
ん 赤黒い裸電球(notシャア専用)だ
わざわざ大阪からダマで観に来た 笑
だんだん面白いライヴには
距離を関係なしに観に行き来する傾向が
強くなって嬉しいものだ

トップのコードはBa加入後初めて観た
音はバッチリ
酔ったキャラは中々の、、、  笑
中期な音 が気持ちよかった

ドラマチックなヴェスパラは
知った顔のバンドで成程!ってな感じだったり
初見のand believeは
勢いのあるスラッシュがかったHC

BTBは3ピース
ラフな感じが調度E
詰めたシンプルなパンクロック
嘘つきだから甘いメロディ知ってる

ウチラ
個人的にとても気持ち良く殺れました
唄っていて本当に気持ち良く
唄に集中できました
少しずつライヴ感を
取り戻してきているのではないでしょうか
課題はありますが 笑

企画のgrind shaft
勢いのあるロッキンなHC
演奏力が高い
気持ちが音に出ている熱さが良かった

主賓のHMV
めまぐるしく変わる
カラクリハウスの様に
言葉とビートとリフを
観てる側に叩きつけた

ECで
朝方酔ってボロボロになって
女に引きづられていた汚いオッサン
新井薬師で何回も観た光景
その当人のカヴァ
HMVらしく演ってた

企画者
関係者
演者
お客様
身内
有難う
お疲れ様でした

京滋のオッサン等が帰ると
部屋が異常に静かに感じる
そのくらい楽しかった

動けるいつの日にか
また会いましょう

当バンドはベーシスト募集中です
音源や新曲多数
メンバーで動ける方
年に数回のライヴなので
あまり忙しい感じではありません

まずは左のメール送信か
バンドのツレの誰かに
携帯メアドでも聞いてください

演奏力よりセンスの良い発想力
バンドが持続していくことに軸がある方
即戦力より
人間付き合いができるかの方が重要です
気長にお待ちしていります  RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

02/13/2012

今週末に成りました!!

二月十八日土曜日
中野ムーンステップ

grind shaft企画

HMV 2nd album
HangoverManVomited 発売記念

●出演バンド

HOLLYWOOD MASSAGE VIBRATION(京都)
grind shaft
コード
WAG PLATY
BACK TO BASICS(京都/東京)
and believe
VESPERA

●チケット→前売り/1700円、当日/2000円

●open/17:30 start/18:00

町田 京都ときて中野
全部初めてのハコ
楽しみです

誰にでもなく想いの丈をぶつけよう 

皆様 是非 RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

02/02/2012

賀正!

音にまみれて生活をしている
読みかけの本
(主にインタヴュやバンド関係)
も読めている
自分の時間を大事にしている

MUTE BEATが心地よく(小島秀仁兄Ta!)
SPIZZを久々に引っ張りだし
弾けないGtと遊んだり
改めてビョークは凄ェって感動したり
ローザルクセンブルグを聴き倒したり

家が異常に寒いのが
やっと当たり前とのみこめて
エアコンの必要性を考えざるを得なく
初めてヒートテックを買ってみました

鳥と白菜ばかり喰ってる気がします

本年も皆様宜しくお願いします RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2011 | Main | March 2012 »