« October 2011 | Main | December 2011 »

11/20/2011

行ける方は是非!!

Cwz


Souzainight3


嗚呼 仕事さえなかったら、、、 RK2

| Comments (2) | TrackBack (0)

11/07/2011

さ さ さ 最高~!

無事にライヴは終了

無事に家に帰還

興奮は冷めやらずだが

普段動かしたことのない

筋肉が悲鳴を上げている

土曜日朝四時
仕事より帰って
旅支度
仮眠を三時間とって
新横浜駅へ

ぷらっとこだまで約三時間半
今回はバンド初の
各自現地直行直帰
只単に皆のタイミングが
合わなかっただけなんだけど

ワンドリンクのBEERを呑んで
軽く仮眠

うとうとしながら京都着
今出川まで将軍YJが迎えにきてくれてハコへ

びっくりするくらい
懐かしい顔や
いつもの顔ぶれ
そして今回TKY組みが六人 笑

ビックリしたのが
ダマで来たぴゃっつんちゃん&マウ
予告通りに
Hさん、OKB、Y&S
観光を兼ねて
ライヴにも来てくれた
嬉しいものですな

KYT勢の顔を見て
高知 名古屋 神戸 大阪からの
曲者達のリハを観て
興奮する

赤黒い裸電球がGtのフューチャーズから
ライヴはスタート
四人に戻って
曲がよく判り
ルックス込みで
面白い
詰め込んで一気に吐き出す様は
気持ちがEがった

二番手アグレッション
大昔西荻ワッツで観て以来だが
イメージが変わらず
ロッキンなHC
テンション高い

三番手サンサンズが
ファンキ―でアクの強いステージ
ミッドテンポのタメが
非常に心地がE
HCを通過したロックの
懐の深さが観得た

四番手ダンスビーチ
小島秀仁兄が
ずっとウチと当てたがっていた意味が
ライヴを観て納得
スリリングでセンシティヴで攻撃的
独自の空間
繋がれて嬉しかった

五番手今夜の首謀者の相方
アンチスペクタクル
まるでmid80’sのアメリカのバンドを
観てるかのような錯覚に陥る
シンプルなHCを突き詰めた
極上の蒸留酒の様なサウンド
腹の底から持ち上げられる
進太郎兄のVoの
別の顔が見えた

六番手ワシ等
演奏はつんのめり過ぎたが
KYTの最高のオーディエンスに助けられる
今の体調がボロボロなほど
やりきった
Eテンションでライヴは出来たんじゃないかな
縁の深いKYTという事で
1stsingleの曲も殺りました

七番手リキッドスクリーン
ホームならではの
アットホームかつスリリングなステージ
曲の素晴らしさが目立つ
客の反応も長丁場なのに
ダレさせないEライヴ

八番手ピラミッドステイト
初めて観ました
ドライヴィングなHCが小気味よく
カッチョE
出音と迫力が違う
高知のバンドのイメージ通り
イケイケなステージ

トリは本日の首謀者で主役
2nd album
HangoverManVomitedの発売記念
ハリウッドマッサージヴァイヴレイションことHMV
アルバムの曲順通り
脱退したヘイポ―がgtを弾きに来た
ので六人編成
スリリング且つポップ
笑いながら怒る人
弾けない曲は脱いで当てぶり
マイナスすらも全てプラスに変える
等身大の中二病
スゲェスゲェスゲェ
一曲目から大モッシュ
暴れるのは大人大人大人
キラキラに輝いて弾けた

約二十年このバンドを
意地でやってきて
報われた夜でした
こんな最高で奇跡の一夜に
参加できて感無量

こんな時間を
過ごすために
日常を繰り返す
続けた人間達への
ご褒美の様な一日でした

小島秀仁兄&HMV
N村進太郎兄&アンチスペクタクル
出演バンド
関係者各位
ソクラテス
来てくれたお客さん
アホ友人
そしてメンバ
感謝 感激 あめんぼう(c 広川)

本年の当バンドのライヴは
これにて終了
次回は来年二月辺りの話が進行中
詳細は追って

ありがとう RK2

   


| Comments (2) | TrackBack (0)

11/05/2011

いよいよ本日!

Cdbed709
390476138

オッサンキチガイ祭り

皆 狂都に集合なのだ!RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

11/03/2011

無口になった僕は ふさわしく暮らしてる

食材や生活用品を買いに
ディスカウントショップによく行くのだけど
震災前からあった
某県の激安米が無くなり
かわりに少し値段が上がった
ブレンド米になってた

要は事故米でカサを増して
値段を下げるところか
上げている

学校給食は
県によっては
某県の野菜を使うと
明言している
安く買い叩かれた食材を
使っているのに
給食費は安くなっていないのは
何故だろうか?

農家や漁師は買い叩かれて
安く卸しているのに
値段に反映されていない

どういうことなのだろうか?RK2

| Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | December 2011 »