« この歳に成っても | Main | 連酒 »

02/10/2011

発言権

仕事でも何でも
複数で動く時
仕切る人間が居る

仕切る側は
段取りを組み
配置し
実行の準備と
落ち度のチェックをしたり
取引先や相手と打ち合わせ
バランスをとったり
信用を積み重ねていく
リスクが在る

一方
その中で働いたり
動く者は仕切る人間への
段取りを確かめたり
指示を待つ

その中で
軋轢なども
長い事やってりゃ当然生まれる

その時に
只 アイツは使えない
一緒にやりたくない
段取りが悪い

色々不満も出る

その中で
作業だけをやって
自分は技術屋だから
全部まかせる
ってスタンスだけならば

その作業の内容に
文句を言ってはいけない
黙ってその状況を飲み込んで
その条件でベストを尽くすのが仕事だ

文句があるならば
別の意見や具体案
あるいは自分が使えると想う人間を連れてきて
初めて意見に成る
もしくはその仕切りの中に協力をするのが筋だ

その具体案も無ければ
発言権は無い
想いは胸にしまって
誰にも話すべきではない
それは発言権を仕切る人間に
剥奪されたのではなく
自ら選んで其れを選んでいる
だから発言するなと言われた ではなく
発言しない事を 発言出来ない立場を
自分で選んでいるのだ

要は
只モノを言えばEってもんじゃない
その状態までをリスクを背負って
やってきた流れを
単なる思い付きの点の文句を言われても
何の説得力も無ければ
かえって信用を落とすだけだ

アイツ使えない
出来ない
提示された案に納得がいかない

ならば
そうではない状況を
自分で造らなければならないのではないか?
具体案を持って
自分で仕切って

仕切りも他人任せで
俺は関係ないと言って
そのうえ文句を言える立場にあるのだろうか?

其処には一切発言権も無ければ
他人に点の低レヴェルな意見を吹いて廻って
余計な先入観を植えつけられる筋合いも無い

どんなにダメな仕切りでも
具体性を持って変えるつもりも無く
文句を言う事は
そのダメな仕切り以下だ

そういうヒトは
根本的に発言に責任が無く
都合の悪い時は忘れたフリだ
そしてその事が
携わる人間達に全部見抜かれている
笑って誤魔化せてると想うなよ

影ではもっともらしく饒舌で
自分だけは上手くやっているヒトは
誰よりも上手くやれてなく
皆に笑われている

本当の技術屋は
仕事上はおしゃべりではない
その中でベストを尽くす事に
高いプライドがある

ダメな仕切りでも
状況や流れ
いたしかたが無い事も沢山在る

確かに根本的にダメなヒトも居る

ならば具体案で発言して行動する事が
最大の抗議なのではないか?

只 言うだけなら誰にでも出来る
もっともらしい事なんか
誰にでも言える

本当の発言権は其処には無い

責任 リスクは
その真っ当な権利の為にも存在する

同じ様にリスクを背負う人間と
言うだけのヒトは
雲泥の差が在り
同じ扱いには出来ない RK2



« この歳に成っても | Main | 連酒 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/50829772

Listed below are links to weblogs that reference 発言権:

« この歳に成っても | Main | 連酒 »