« 年に | Main | 結果 »

02/22/2008

渋谷署員

先日仕事中一時停止を怠ったタクシ-がいて
物凄い速度だった
しかも信号がない横断歩道付近に自身が居て
その場所での出来事
たまたま 其処に居た警官が五人
注意するのかと思いきや見逃し
何時も危ない場所なので
その旨を伝え何故注意もしないのかと 問う
しかも自身と接触しかけたタクシ-を見逃がし
その後何台も見逃した(これは問題です)
問うた後の警官の態度が股素晴らしい
こちらが飛び出しだとか
タクシ-が凄い勢いで向かってきたから
こちらは横断歩道付近になったのに
横断歩道にたどり着いていないものはダメだ 
等と のたまう(これも問題です)
要は職務放棄した警官五人に注意をしたら
逆恨みされて アゲアシをとられた
話にならないので自分の職務に戻り
一応110で通報 ありのままを話す
仕事が終わって外に出て
一方通行の為エンジンを切ってバイクを押して帰ろうとした所
その警官五人に遭遇(多分通報で現場から帰らせられた)
こちらを見てブツブツ言っていた為
こちらも言い返す
そしたら五人かかりで取り囲まれ
互いに暴言を吐いたのに(しかも原因は向こう)
しかもコチラはまっとうな注意をして
逆恨みされたから言っただけなのに
こちらが言った暴言は許せなく
侮辱罪 だから拘束し交番に連れて行けると のたまう
腕をつかまれバイクを倒されそうになる(はい これも大問題です)
そして 権力持って束になった気分はどうだ? と聞けば
最高だと答えた渋谷署警官(問題発言は続く)
その上 自身の事も全く知らないくせに
自身に向かい お前より俺達は社会に貢献している と のたまった
口論の末 警官は自身の暴言だけに対し 謝罪しろ 
とタメ口で命令した 
こちらは客人を待たせていた為
公の公道で
無理やり五人に謝罪させられた(これも大問題)

別れて帰りの道中 帰り道にある交番で
冷静に事の顛末を年配の警官に聞いていただく
みるみるその年配の警官の顔が曇り
あまりにもズサンな対応に
変わりに私が謝るので気持ちを収めてくれないかと おっしゃった
成る程 やはりコチラの落ち度はない様だ
とりあえず110して折り返し署より連絡させる との事
渋谷署の夜の地域課の責任者Iさんが対応
やはり先程の年配警官と同じりアクション
そして仕事上警察とも取引があるので
嫌がらせは受けないかのコチラの問いに
そんな事は絶対ありませんからご安心くださいとの事
確認しますと言い残し しばらく連絡がなかった
一日仕事を休んで出社したら
同僚が 警察がきて自身の身元確認をして
その上 毎回会うたびに暴言を吐かれる と言っていったが
どうなんですか? と
(はい これも問題です)
ので後日こちらから渋谷署へ最連絡
ついでに警視庁の広報のIさんにも連絡
昨日 渋谷署のIさんより連絡アリ 
もう一度事の顛末を話して確認して連絡入れますと 
電話を切って一時間後
Tカハシと名乗る男性署員から何故か連絡
自分がどの立場かも説明しないうちから
コチラの暴言の事ばかり言う
コチラがあからさまにおかしい事を全部指摘すれば
其れは落ち度が在ったかもしれない とか
それについては謝罪します とか
まぁ 最初からあまり謝罪をするつもりがなく
とりあえず便宜上の謝罪もどきの言葉はあったが
コチラは その流れ でこうなったのに
まず話を分散させて論点をずらす
向こうに不利な話は 私は見ていないから判らない というクセに
コチラの暴言に対しては まるでそんな言葉や配慮はなく
見ていたかの様な態度でコチラの発言が問題だとまで言われる

警察官も人間だから
若い警官で経験がないから仕方がない

こんな事まで言われる
自身も人間であって真っ当な注意が
逆恨みされた挙句に出た暴言は
人間だからの枠には入れてもらえないらしい

若い警官だから~ は職務上理由にならない
改める気持ちもなく開き直る
こちらも話しに成らない
指導も罰則もコチラには何もわからないまま
指導するの言葉だけでかたずけられる
その結果が今の現状である事は問題ではないらしい


話を整理する

信号のない横断歩道では弱者優先のため車は
横断歩道手前で一時停止が義務なのだ

その事を言ったら 

お互い注意しなきゃならないし弱者強者は関係ない 

とのTかはしを名乗る署員の言葉
(これは問題発言です)
車両は弱者に対し安全運転の義務がある
こちらも分かり易い所でバイクを押していただけ
勿論注意をはらっていたから発言も出来る
勝手な決めつけだ
道交法を全く理解していない

職務を放棄した警官に注意をしたら逆恨みされた

令状も出ていなく法を犯したわけでもない
一般人を強制で拘束する事は出来ません

この警官五人は 一人が腕をつかみ
侮辱罪で強制で拘束できる と発言
はい これは大嘘です(確認済み)

警官は法律に関して嘘の発言をした
腕をつかまれ引っ張られました(立派な暴行行為です)
ついでに押していたバイクも倒されそうになる

渋谷署のIさんは警官がウチの店に対し嫌がらせは
絶対無いと約束してくれましたが
その電話をしている最中に警官五人は
ウチの店に行って 自身に毎回暴言を会う度に吐かれる 
と嘘をつかれた

その事はTかはしと名乗る男は
自身の確認はしたが暴言の件は言ってはいないと のたまう
(ここでは 見ていないから判らない とは決して言いませんね 笑)
ウチの同僚はこの現場を見てはいないし
経緯も知らない 俺も帰っている時間
じゃあ誰がこの話を知っているか?
それは当事者以外はありえない
ギャラり-も特に居なかったから
(警官とのトラヴルは皆観て見ぬふり)
当事者しか知り得ない事を
ウチの人間はどうやって知ったか?ましてや警官が言ってなければ
俺以外で誰がしゃべれるのか?とTかはしを名乗る男に聞けば
知らない との事(此処にまたもや嘘の発言あり)
要は 渋谷署員は不利な事はこうやって隠蔽する様だ
だから民間人の言葉は何時も届く事はない
同僚は嘘をつく理由は全くない

とりあえず 話にはならなく時間の無駄の為
途中で 一応お手数かけましたと言い
常識と仕事の責任に対する尺度が違い過ぎる為
受話器を置いた

その後一時間おきに二回今朝一回電話が鳴ったが
非常に迷惑だ(警察官のする事かね 笑)

今日の仕事帰り先日立ち寄って話を聞いてくれた
警官が交番に居て 若い警官も居たので
その後の顛末を聞いて頂いたら
溜息混じりに 話が本当なら(現任していない為)
酷いし程度が低すぎる と両氏の回答
とりあえず 広報に伝えれば署の上層部には伝わるから
これ以上話にならなくても連絡だけした方が良いとアドバイス
E人もたまに居る
しかも自身の事を覚えていてくれて気にかけていてくれた様だ

警官に嫌がらせを受け警官に助言を受ける

果たして警官のような職務に 言い訳 は必要なのだろうか?

落とし入れた他人の不幸の上に自分だけの幸せを無理やりのせる
素晴らしい世の中だと改めて想うな
警察官の九割がたは低レヴェルで自意識が低い(自身の経験上)
警察官が職務の意味合いを殆どが把握せず
罪もない一般人にコレだけの迷惑をかけた上に隠蔽する
信用など出来なくなる原因をコレだけ作って
税金だけはキッチリ取っている

立派な詐欺だよな     RK2


 



« 年に | Main | 結果 »

Comments

>代走様

レス及び音源を聞いて頂き
有難う御座います!!

適材適所 は確実に在りますね
最低限が出来ないヒトには
(努力もしないヒト)罰則が必要です

一番感じるのは 逆の立場の想定 です
日常でもホント物凄く感じます

就いちゃいけない場所に
就いちゃいけないヒトをよく見ます
適当な(E意味で)判断が出来る大人が
非常に少ないです

馬鹿に権力を握らせると
良識在る大人が何時も迷惑します

此処で書いているトラヴル等
実は自身にとって氷山の一角
書いていないだけで実はまだまだ在るのです

警察関連は 本一冊分 在ります
悲しい現実ですよ 笑

今日ハコに出かけたら何人かに
この日記の事を聞かれ
以外と読んで頂いている事に驚き
こういうレスもあり
気持ちも少し治まりました
感謝!!     RK2


Posted by: RK2 | 02/24/2008 at 01:40

最近wagplatyの音源を聞いて、このblogを知り拝見させて貰ってます。


酷いですね。とても一般常識をもった人間がする事ではなく、まして「公僕」と呼ばれてる職種の人間がすることでは無いです。

そのあほうな警官の一連の行動は、もはや暴力だと。

こういう事をする人間の話を聞くと、正義とそれに必ず付加される権力って概念のあり方ってのに疑問を感じてしまいます。

Posted by: 代走 | 02/23/2008 at 04:07

>とおりすがり様

うだつのあがらない オッサンの駄文
拝見して頂き 有難う御座います!!

東京に住んでから早十八年
バビロンとのくだらない出来事は山の如し
あの権力893達は結局殆どは
出世の為の派閥争いと
低レヴェルな利権漁りで成り立っております
モラルや相手の立場を想定し、、 等の
人間味のある配慮が出来る人はほんの一握り
職務の意味合いなど関係なく893と一緒
自分等の保身と利権しか考えておりません
本当の職務の意味なんかを考えたら
生きていけない位低レヴェルなのだと想います
世間を見れば判る事
相手の立場を考えられる人間の少ない事

今回の件はよくあるサラリ-マンの
会社内の縮図が良く見えます
上司がアレなら部下はアアでしょう 笑
失敗は誠意を持って誤るのではなく
マイナスになるからこうやって握りつぶす
警察には そういうマニュアル は
存在するのでしょう
逆ギレして話し合いにならないことをいい事に
書類上はコチラが悪いという嘘の報告書を
こうやって作成しているのでしょうね

だからあの権力893は末端の事実を隠蔽して
何も無かったかのような
あたかも解決した様な報告書を作って
同じ間違いを税金を使って
何回も繰り返しているのでしょう

冤罪のTVの特番をたまに偶然見ますが
あんなものは氷山の一角
無罪の人間をム所にぶち込んでも
反省のかけらも無いでしょう?
ああしないと警察社会は生きていけない
状態に 誰か達 がしていったのでしょう

とおりすがりさんの言うとおり
その先を見据えて核心に迫る仕事をする人間は
警察には殆ど居ない と考えるのが
妥当でしょうね 笑
本分等考えていたらアノ桜田商事では
生きていけないのでしょうね
自意識さえあれば後は経験です
今の警察官よりスキルの高い
高校生だって存在するでしょう
それだけ 警察は質が低い 
と言う事でもありますが 笑

駄長文にお付き合い頂き感謝!!  RK2


Posted by: RK2 | 02/22/2008 at 23:53

いつも、拝見させて頂いています。

しかし、これは酷い話です。。彼ら、本当にきちんとした人と、全くだめな人の2つにぱっくり別れますよね。真ん中がないと思います。なんなんでしょうね、あれ。。

きっと、親から公務員になれ、警官になれと言われてなった人が、その福利厚生のみを見て警官(公務員一般)になる為に、レベルの低い職員ができるのが一因でないかと。。その職務に対して、自分が適正があるかどうかを見極めるのが一番大切ではないかと思います。と、同時に、自分の職務をなるべくなくす方向で工夫のできる人(一般官庁に勤める人なら、電子政府化を進める。警官なら、犯罪のない町を作る為に、どのような工夫をすればよいのか考える)が、採用されるべきだと思います。何か問えば、いや規則ですから、いや慣習ですから。。高校生でもできるわ!と思ってしまいます。


…そういえば、高校の時に、将来医者になりたい、警官になりたいと言っていた奴らに「お前にだけは、死んでも腹切られたくねーわ。お前にだけは、死んでも逮捕されたくねーわ。」と思った事を思い出しました。

Posted by: とおりすがり | 02/22/2008 at 10:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/40215145

Listed below are links to weblogs that reference 渋谷署員:

« 年に | Main | 結果 »