« October 2007 | Main | December 2007 »

11/27/2007

ここで

随分色んな想いを吐き出させて頂いた約二年半
正直一サイクルした感じで
さほど毎日何かが在る訳でもなく
忙しさと体調不良も在ってか
ぺ-スダウンしている
それも含めての日記だと想っている
書く事が無い 書けなかった も日記のうちだと想う
一時の落ち込みようからは少しだけマシに成った
時間が取れず気力が湧かず効率が上らず睡眠不足で運転の仕事
正直危なかった 物理的にも精神的にも
今見直しを図り次のステップは自分でも判らない
判っている事は 前向きにモノを造りたい それだけだ

見直すために三年間行ってなかった健康診断に
明日行こうと画策している
入院保険や生命保険も入ろうかな
生きる為に先の事を遅ればせながら考えている
何時までも体と精神は勢いだけでは機能しない事が
今月良く判った 落ちるとこまで落ちた
日の光がとても有難い
飯を喰える事が有難い
おかげで体重は増えたが、、

さぁ ドコに目的を持って
どう具体的に行こうか?
休む事は甘えかもしれないが
気持ちの余裕を取り戻すことの方がもっと大事だった
とりあえずのヴィジョンを模索しなおさねば
明日はずっと出来ていなかった用事を済まそう


ROCKET JACK VADERSのアルバムは素敵だ!! rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

11/20/2007

雨ばっか

降りやがる
今年は全体的に雨が多いな
外の運転の仕事マンには ちとこたえる

昨日は元メンバ鍋の新バンド
カポフティカのライヴに行って来た
90年以降の今のロック
メンバの仲の良さが音に出たEライヴだった
自分には無いものを持ったものを観ると勉強に成る

最近よく 何を聞いてます? と聞かれる
日常的に忙しくなければ
TVは殆ど見ずに音ばかり聞いているので
特に何が って訳じゃないから
たまに返答に困る
教授の初期作品や
ジョ-山中のレゲエ作や
TEARDROPSや
KGSのCompや
中島らもや
ARCHIE BELLや
Thalia Zedekや
知り合いに焼いてもらったオススメ等、、
音を聞こうというよりも わりと普段から音は流れているから
選曲は無茶苦茶だったりする
大概目先に置いてある物から聞く
皆はどうなのだろうか?
勿論状況に合わせて聞いたりもするのだが
あまり最近は考えていない
しいて言えば洋物を良く聞いているのかも
って 上記にはあまり書いてないが ガハハ

少し生活の中に休息の時間をとった
テンパリ過ぎたからだ
進むために休息をとった
後は俺次第
久々にゆっくり音を楽しみたいな
次に行く為に       rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

11/11/2007

アガッたり凹んだり

季節の変わり目どうも体調がよろしくない
ここんとこずっとだが

つなぎの職場の空気には段々馴染んで来たが
体がついて来ない
いや 単なる衰えだが
もはや肉体労働がしんどくなって来ているなぁ

バンドも止まったまま
たまにメンバとメ-ルのやり取りがある位
皆仕事に追われ何ともまぁ だ
が どのタイミングでどうなるか判らんから面白いのだ
此処までやって来て想う事だが。
ネタは常に溜めている

DOLL誌12月頭発売号(一月号?)に
バンド側からの要請があり
自身が久々にインタヴュアと化し
K.G.Sのインタヴュウが掲載される予定
入稿は済んでるので後は予定通りにいけば です
過去の音源集のリリ-スに伴い
滅多に紙面や表向きには見せない
打ち上げト-ク満載の笑いありで且つシビアな内容
面白いインタヴュウになったのではと
是非楽しみに待っていてください
この過去の音源集11月末発売予定で
過度期に自身がとても影響を受けた作品群で
是非購入して頂きたい
損はしないと想います
楽曲の良さが際立ってます

雨と寒さで風邪ひき易いですが
今年の風邪はホントたち悪い
治りが遅いです
皆様 うがい 手洗い 忘れずに  rk2


 

| Comments (2) | TrackBack (0)

11/03/2007

十月末~十一月月頭

どうにも気力も湧かず
疲れ果てたまま体中の悪い所が
悲鳴を上げた
大事な方の仕事を休み
それでも最低限の生活はしなきゃならず
トラヴルは容赦なく沢山降りかかり
最悪の月末
酷いもんだな

あっという間に十一月
ようやく気力は戻り
なんとか平常心は保つ
それでも休んだ分のツケもあり焦っている

とあるバンドのインタヴュアに抜擢され
何時もは確信犯的にふざけあってしかいないが
何時に無く真面目な話をした
やり続ける
意味のある容で やり続ける
それだけが説得力
上っ面だけじゃ何も残らない
只 やる事 は誰にでも出来るだろう
しかしながら 表向きは楽に見せながらも
根底がしっかりしていなけりゃ
やり続ける 事は本当に難しい
結果 やり続けた
其処に真の感動なら在った
ひたすら馬鹿話を交えながら
時折 執念に似た気持ちが汲み取れる
学ぶべき所は 其処に在った 
有意義な一時
どのバンドで何のインタヴュウかは
追ってお知らせいたしますよ  rk2 

| Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »