« 考える | Main | とりあえず »

04/19/2007

これから

此処に記す事はフィクションです

4/18晩11時頃 場所は方南通り永福町近辺
青信号に成り直進したバイク 3~4m動いたら 
赤信号の方向の横からT都と書いたタクシ-が無理やり
バイクのレ-ンに割り込もうとした
危ないので減速して通り過ぎ 
怒りを覚えたらしいが我慢し家路に急いだらしい
バックミラ-では其のタクシ-は無理やり道に割り込み
其のバイクに向かってハイビ-ムを出し直ぐ脇道に入る
折角の我慢も崩壊し
される覚えのない喧嘩の売られ方をしたので
タクシ-が入った方角にバイクを向け
追いかけ 追いつく
道の真ん中でタクシ-は止まり
バイクの運転手は 喧嘩を売ってんだったら出て来いと
タクシ-の窓を叩き促す
すぐさまバイクを横に止め 歩いてもう一度タクシ-の右側に
車から降りてくる事を促し 窓を叩く
と 突然タクシ-は何故かバイクの運転手側に動き出し
右腕が接触  止まれ 当たってる 人身だぞ と
言っているのも関わらず車はバイクの運転手側に動く
大した速度ではないが 逃げようとしている
ので バイクの運転手は前に行き車を止める
止める際に右前輪がバイクの運転手の左足に数回接触 踏まれる
タクシ-に乗っている客とタクシ-運転手が警察を呼んだ模様
タクシ-の運転手はちゃんとした謝罪はしていない
警察が来て検分 
先に無理やり道に合流したのは停止線を越えていて
信号が変わる前で 交差点に入っていたから
信号無視ではないらしい まぁ都合の良い判断だが
その後のハイビ-ムは警察も意味が判らないらしい
検分の間 T井戸署のI藤と名乗る男が
バイクの運転手に向かって暴言を吐き あざけ笑う
バイクの運転手は怒りに震え問いただす
納得のいく返事も謝罪も無い
多分警察の マニュアル に そうしろ と載っているのだろう
仲間の警官がしきりにI藤と名乗る男をかばう
友情は美しい
今も昔も 警察官 は正しい人間の味方ではなく
癒着してメリットの有る機関と その仲間達の味方の様だ
タクシ-会社は 何かしら の手立てで
軽い交通違反なら上告すればチャラになる らしい
以前野方署の警官が教えてくれた らしい
だから 其の仲間達 の一部 みたい
I藤と名乗る男は わざとバイクの運転手を押し
押し返した瞬間に わざと大袈裟によろめき 
イタイイタイ 何をするんですか? と大声で仲間に伝える
オウムを題材にした映画 A で出てくる 
いわゆる 転び公妨(転び公務執行妨害)
警察が民間人を違法に逮捕する時に良くやる古~い手口
今日び生で見れると想わなかった バイクの運転手は苦笑い
こういうのも古~い マニュアル に載っているのだろうね
忠実な犬 な警官はそのとうり実行したわけだ
他の警官が割って入り とりなす

結果 バイクの運転手は病院に行き
怪我は軽かったが そういう問題ではない
何もかも 理不尽 だ
T井戸警察に行き
人身になる と言っていた警察は
本人が接触を認めていないのと警察が現任していない事を
理由 に現時点ではまだ 事故証明も出ない
其の上 人身事故扱いにもなっていない
後は 当人とタクシ-会社と話し合え との事
要は 軽いが怪我をして接触もしているにもかかわらず
民事でやれ という事
警察が丸投げしやがった 嘘をついてまで
病院に行く時は 人身で扱うから 
と言っていたにも関わらず
其の事を 念を入れて聞いたにもかかわらず だ

いかに 警察 と タクシ-会社 で
何かがある としか思えない
T都自動車の S永 義久 を名乗る男は
最後まで ちゃんとした謝罪は無く
接触も 覚えてない と豪語した
警察は客であったヒトの証言も聞くと言っていたが
事実など話す訳が無い
向こうは関係の無い事で巻き込まれ
単に バイク側のトラブルに巻き込まれた形に成っている
口裏合わせてタクシ-に有利になるように
しているのは 明らかだ
なにかしら が動く可能性も有る
だから 単に二対一で不利になっただけ
この国では 事実 は必要ないらしく
多数決 らしい
国の機関がそう動こうとしている
税金を使ってまで

事実は何時でも一つだ
バイクの運転手は何時も 現実 に見放されている
が何時でも 事実は一つだ
この件に関してはバイクの運転手は何もしてはいない
むしろ 一度見逃してやっているにも拘らず
仇 で返された
そして 警察には騙された

この話は完全に フィクション である 
実在の登場人物 団体名 はすべて 架空の名前 である rk2



« 考える | Main | とりあえず »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/14760884

Listed below are links to weblogs that reference これから:

« 考える | Main | とりあえず »