« 正直な体は | Main | CDプレイヤ- »

12/14/2006

しつけ

昨日の最後の配達先は女の子の子供が居る所
勿論そんなのは珍しくも無く
子供が居る家庭は大概親と一緒に出てきて
何かを運びたがる
熱い食べ物を渡す訳にいかず
大抵は箸やメニュ-を渡す
昨日は御代を自身に渡そうと
スタンバって居たようだ が
直前までお金をいじって
小銭を無くしたらしい
大抵の家では子煩悩で一緒になって探したり
コチラに気を使い別の財布から渡して頂いたりだ
が 昨日の家の母親は
尋常じゃない怒鳴り散らしかたをし子供は萎縮し挙句泣いた
自身は珍しく酷く腹が立った
立場上コチラも其の母親を怒鳴る訳にもいかず
ずっと睨んでいた
皆 一度は子供を経験している
其の子も入らん事をしてた訳ではない
唯 何処にいったか分からなくなっただけだ
探せばEし 小銭くらい他にもあるだろう
子育てに疲れていたのかもしれない
其れは大変な事だろうと思う
しかし限度がある
大人同士の低レベルな怒鳴り合いの様な
聞いている方が苦痛な言い方だ
しかも人前でだ
子供は親を選べない
この様な自意識がまるで無い馬鹿が快楽でSEXをして
子供が出来て親でございだ
此処に生まれた子供は不幸だ
何とも大人しく可愛らしい子だった
ムカつくガキはコチラも散々見ている
情け無用に自分の怒りの捌け口を
子供相手にしているのが一瞬で見えた
余計なお世話なのも分かっている
だが幼少期に受けた 傷 何てモノの大きさを分かっている

いきどうりを覚えながら店に戻り
小銭は母親から頂いたが
札は其の子が持っていた物だ
クシャクシャの千円札の真ん中に小さいスタンプが押してあった
法律上良くは無いが
小さな悪戯だ
其の札を入金に廻さず次の日のつり銭の方に入れた
子供の頃 見るもの全てが新鮮だった気持ちを
思い出して 其の子に感謝した ありがとう   rk2


« 正直な体は | Main | CDプレイヤ- »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/13070597

Listed below are links to weblogs that reference しつけ:

« 正直な体は | Main | CDプレイヤ- »