« 新生 | Main | ここんところ »

12/04/2006

線を引く

今年はこの言葉が非常に大きな意味を持った
今までやってない事を試したり
日々の軋轢が低レベル過ぎたり
この先の事を具体的に考えたり
その結果 線 を引いた
以前よりも間違いなく頑固に成っている
成らざるを得なかった
其の分頑固の見せ方を考えた
要は角度だ
付き合う距離感だ
そして今までよりどうでもE事はナメテかかる事にした
殆どのヒトは真剣ではないからね
伝わらないのではなく
理解出来ないのだ
人種が違うから
世の中に争い事を蔓延させている事に
気付こうともしないし気付けない
殆どのヒトが共存を口にしながら
保身と身勝手な利潤しか考えない
結果線を引く
居場所が無いのは自身ではない
だからコレでE
狭い箱庭の中で群れる気は毛頭無い
ならば一人で十分だ
幸い一人どころか友人にはとても恵まれている
世の中には正解と誤解は沢山在る
低レベルな事を平気で且つ本気で振りかざす事の出来るヒトには
其れなりの末路が待っているのは誰でも知った事だ
笑ってしまう
笑わずには居られないだろう
正反対の事を人前で平然と振りかざす
私は馬鹿ですと言わんばかりに
だから線を引けばE
踏み入ってくるなら其れなりのリスクを背負って頂く
単に其れだけの事だ
だから見えない線は怖いのだが
特殊な線で無い限り同じ線を持つ人間だって居るし
近い線を持っている人間も居る
自身が此処で書く事ばかりが全てでは無い 当然  
だから其の線は其の人間の生き方でも在るのだ  rk2



« 新生 | Main | ここんところ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/12925919

Listed below are links to weblogs that reference 線を引く:

« 新生 | Main | ここんところ »