« 間 なのだ | Main | 自身が »

11/17/2006

不本意な事でも

昔よりその場で即決は避け
出来るだけ長い目で其の状況に携わる様に
心がけてはいるが
やはり元々ショ-トテンパ-な自身は
溜まりすぎると自律神経がいかれてくる
やはり 考えている主軸の部分が
皆と違うのだろう
論点が合わず 説明するのに一苦労だ
様は互いに相手の立場を尊重するだけの話だが
其の事を意識している人は本当の意味で少なすぎる
自身でも出来ていない時が在る
しかし反省はする
繰り返さないようにする
相手に自分本位な事をするのは問題なく
他人にされると怒り狂うヒトがいる
実際多すぎる
だんだん自身は 会話 に対しての責任が軽すぎる事から
話す という行為が億劫になってきている
コチラの意図など関係なく
平等な話し合いが出来ず
間違いに対してフェアではない
キレればEという風潮にも飽き飽きだ
やはり 間 と 責任感 が違いすぎるのだ
縁の切れ目 と言うものは
こういう信号が 合図 になっている
もう少し年を重ねたなりの 会話 がしたい
唯其れだけなのに  
いたってシンプルな事しか言っていない
頭が悪いからそういう事しか言えないのだ rk2


« 間 なのだ | Main | 自身が »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/12717585

Listed below are links to weblogs that reference 不本意な事でも:

« 間 なのだ | Main | 自身が »