« 一応の | Main | 一昨日 »

07/21/2006

聖人君子じゃ

あるまいし 色んな事を抱えすぎた結果
生活とペ-スが見合わず倒れた事が以前はよくあった
色んな状況で半年に一回は点滴を打っていた
別に何かを自慢したいわけではなく(勿論自慢にゃならんが)
自身がいかに現状を理解せず
等身大からはみ出して 過信した結果だった
要は身の程知らずだっただけだった
人間なんか人前ではE顔したいもの
見栄を張りたい気持ちなんて
多かれ少なかれ誰にだってあるはず
だが しんどい時はしんどいといえる間柄こそ
本質
なのだと思う 皆自分の欲求には忠実な所があるはず
だけど逆の立場に立ったら
意味合いは見えるはず
奇麗事や見栄なんかよりも
逆の立場なら自分が嫌な事は
モラルが在る人は其の事をしないはず
互いが其の事を理解したうえで
成り立つ関係ほど
相手の事を 想う ということの様な気がする
人間臭い関係程自身が想う 本音本質 に近い気がする
容ばかりを追いすぎると
何かしらにしわ寄せが来る
其の人の 体調 を持ってするならば
志は素晴らしいが 身の程知らず ともいえるような気がする
何故なら 自身が身をもって知った事の
一つ だったかも知れないからだ
まぁ 自身の場合は単に調子ノリだっただけのことだが
だからこそ 等身大 は経験則がモノを言う
とも 改め想う     
其の事を理解したうえで
一声かける 事の大切さを知った 
相手がどう想おうと 其の事を知った上で rk2
 


« 一応の | Main | 一昨日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/11037562

Listed below are links to weblogs that reference 聖人君子じゃ:

« 一応の | Main | 一昨日 »