« 行きたかった、、、 | Main | 梅雨はあけるのか? »

07/28/2006

筋の通し方など

色んな容が在るが
事を起こして事後報告で なし崩しタイミングでモノを言い
自分のメリットだけでしか物を考えず
相手の立場すら想定しようともせず
とりあえず 謝ったんだからもういいでしょう
と 開き直り 何故そうなったかも学習しようともせず
何回も同じ事を繰り返す様な モノの考え方には
自身は一生理解を示そうとは想わないし
そういった考えが当たり前のヒトとは
一生縁が無くて構わない
そういったヒトが関わる事には
何の感動も覚えない
逆に地味だろうが身の丈にあったやり方で
懸命に試行錯誤して積み重ねていき続けるものには
失敗だった事に対してまでも共感と感動がある
天才でもない限り 感動はそういう 気持ちの表れ であって
技術や見てくれの良さや世渡りの上手さでは
断じてない 
俺は一生そう想うし そうであって欲しい
天才ほどその才能に胡坐はかかないものだと
その優れた作品は物語っているような気がする
だから多少の事は許されるのだろうし
結果で其の事を補っているのだとも想う
何時死ぬかも分からない中で
何でこう 自分の事だけしか考えようともせず
人を平気で理由も無く傷付けられるのか
其の事を全く学習しようともしないのか?
全く理解できない するつもりもない    RK2


« 行きたかった、、、 | Main | 梅雨はあけるのか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/11125705

Listed below are links to weblogs that reference 筋の通し方など :

« 行きたかった、、、 | Main | 梅雨はあけるのか? »