« 白さがこんなに(当社比) | Main | ひでぇ »

05/10/2006

スタジオより帰還

密度が濃かった
ヘトヘト だが少し見えた
唄がとても下手な自身は
もはやキャラで勝負するしかなく
苦手な事よりも そっちを磨いている
気がしている
いや 気だけではないな
しょうがない 今はこれ以上は無理だ
まぁ 相変わらず 気持だけ でやってますわ
少しずつ E方向に向かっているのは確かだ
手応えなら感じている
こけなきゃEが 当日

KUKLの二枚のCDを聞いていた
BJORKちゃんスゲェなやっぱり
最近めのDVDも良かったが
やっぱり バックボ-ンが異質だ
強力な 個 で成り立っている
勿論 バンドサウンド前提でも十二分だ
緊張感漂う ヒリヒリしたサウンドに滅法弱い
こういうの聞くとカテゴライズの意味の無さが露呈する
個性は 人間そのものだ
かっちょ良けりゃあ 何だってEね ホント
理由なんて所詮後付だ
こうでありたいね フラットにものを考えたうえで rk2


« 白さがこんなに(当社比) | Main | ひでぇ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/9998360

Listed below are links to weblogs that reference スタジオより帰還:

« 白さがこんなに(当社比) | Main | ひでぇ »