« 自分自身は | Main | 自身の思う »

06/11/2005

音友の

同じ職場の感覚派、理論派 IさんがJちゃんと結婚した
いやあメデタイねぇ なんて自身も人の子
其の位の感情くらい持ち合わせている
水曜日に職場のTと映像監督のKさんと
半日飲酒 久々にあんなに飲んだ
それにとても 気持ちE だったのだ
    末永くお幸せに
其の時にKさんとIさんが昔撮った自主8ミリを見た
自身 本 映画 全く疎いが
時代を感じるのは 画質と 髪型位で
とても面白かった 何故か?素人にも見える
動きやテンポの良さ 引き込む力 そして
<リスク>を背負った<気持ち>が
コダワリと化して 画面から飛び出す     
なんて無茶する人たちだ、、、、、
自身の気持ちは確信に変わった
此処にも居た! 社会に順応出来る<キチガイ>
 進行形の話で でかい規模でのこの二人の
コンビが 映像 音 で合間見えるらしい
昔と違って好き勝手には出来ないだろうが
 この先 を見据えた 線 を繋ぐ一歩らしい
こういう人達が造る作品なら自身でも興味が湧く
 そう ジャンル デモ カテゴリ- なんかでもなく
 <身>を削った<人間>そのもの が見えるもの
それだけが自身が唯一<信頼>をおくところだ
どちらへも。
 何か胸騒ぎだけを感じ 家路へ
ホントにE一日だった
自身は社会に通用する幸せに一番遠い国だが
大事な人間達の幸せで今は充分だ 
痩せた処で不細工33 rk2


« 自分自身は | Main | 自身の思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/4514160

Listed below are links to weblogs that reference 音友の:

« 自分自身は | Main | 自身の思う »