« 国民性? | Main | 壁 »

06/07/2005

詩 唄 うた 

自身は日本語の うた が好きだ。勿論 英詩のバンドや
海外のバンドも好きなバンドは数知れずだが
やはり日本語の うた が好きだ。
ダイレクトに入ってくる 言葉 に、めっぽう弱い
多分だが自身も実体験と考えることが多くなって来た為か
勝手に 自身とリンクさせて聞くからだ 
その曲に うた が乗り 意味が増す
<感じる事>が出来る 勿論書いた本人の意図と
違う解釈もしているだろうが 本人に其の事を
押し付けなければ<迷惑をかけなければ>
捕らえ方など自分個人的には どうでもEと思う
自身は<感じることの出来る血の通った言葉>
に めっぽう弱い
自身の うた は抽象的な言葉が多い
其れしか出来ないのだ ガハハ
デモ 感じる もの。だと思っているので
へッチャラなのである
まぁこんなオッサンが一人居たところで
どうって事は全く無いだろう 多分。
だってあんな うた 唄った所で
聞いている人もあまりいないからね
今日古本屋でiggyの記事が載った雑誌が投売りされ
思わず購入 笑った
<抽象的な歌詞になど興味は無い 俺だったら
ドラックなどEもんじゃねぇ もし在るなら俺にクレ
って唄ってやるぜ>
人には個々のキャラクタ-がある iggyがそれ唄ったら
カッチョEが自身はそんな ロッカ-ではない 残念ながら
うだつの上らない オッサンが日常を等身大でぼやく
これが自身のキャラだとも思う 人には適材適所がある。
以前自身の うた を聞いた 職場のTが セロハンテ-プで
メビウスの輪 を造って <あの うた こういうことですよね>
ガハハTよ お前の其の 感じ方 がカッチョEぜ
E感覚している 基本的にメンバ-にも歌詞の説明はしない
出来ないのだ在れ以上の言葉で そんな感じで書いている
だからこそ 感じて 欲しい
この 駄文 が少しでも 補足 になればと
実は歩み寄って書いている 其処に<リスク>を負う
意味ならある rk2


« 国民性? | Main | 壁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/4447380

Listed below are links to weblogs that reference 詩 唄 うた :

« 国民性? | Main | 壁 »