« May 2005 | Main | July 2005 »

06/30/2005

ちから

何気ない一言 何気ない 間
削ぎ落とした言葉
積み重なった結果から出る言葉
アンテナをいつも張って
聞き逃さないように 
<間>を逃さない様に
自身の<道しるべ>に勝手にして
<言葉><空間><インパクト>
を 武器に
今日も些細な<喜怒哀楽>を
体感し
次へと準備を進める
繋がった 線 の人達に
支えられ 過ぎて行く<時間>は
唯 過ぎて行くようで そうではない
それは 其の後の自身の行動でしか
証明出来ない
自身の存在など微塵だ
だからこそ 出来る事がある
新曲で唄っている
<偏った自由 求めるが為に 不自由>
其の人間其の物が
どちらに行くのか
行ったのか
最期まで 分からない
だって 終わってみなきゃあ
分からない
其の時に どちらを向いていたかだ
所詮 自身など
頭とケツさえあってりゃ
Eってなくらいの
E加減な人間だ
折角だから
<喜怒哀楽>位は
迷惑にならん程度に
涙は 日本の名水 に選ばれる位に
出していきましょうかね
ね ZUNG兄さん  rk2 

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/29/2005

スタジオより

帰還 今日は日中LIVEのビラを
張ってもらいに 街に出た
朝から じゃがたらばかり聞いていたので
自身と ヒトと 街の関係がずっと頭に
ありながら 廻っていたので
いささか 辟易として帰り
その後 股 聞いていた
バンドの 仕事 は着実にこなしているのに
なんか ケツの座りが悪いのは
自意識の全く無い顔と未熟な自身のせい
時たま 知った顔に会い 安心したのだが
やはり この世の中に向いた人間 ではねぇな
なんて 改めて考え込んだ
俗者だ 俺は なんて軽く凹むのだが
たいした解決策も無い
届く声が欲しい 其の為には 届く人格ではないと、、、
俗者 俗者 俗者
自身をいつも 地続きのワッカの中に
押し込めているのも 紛れも無く自身
正直 具体的な 解決策が無い
雲を摑む様な 意識 の話だけ
概念が 結果になるまで
やはり時間がかかる
急がば 回るのか、、、
いつもの事だ あきらめも肝心
デモ 現実の作業は其処まで来ている
今までの 審判が下される
いつも 自身は凹むが
決めるのは 第三者
もっと もっと
声の届く人間に成りたい
その気持ちも返って邪魔をするのかも、、、
自然体 結局 在りのまま
現実の今の其の事を知らされる日ももう直ぐだ rk2   

| Comments (2) | TrackBack (0)

06/27/2005

物理的に

在る ということは 無い と同じ事
なんてベタなそんな事をここ数日間考えていた
互いにそれがつりあうから どちらにも、
だから 在る そして 無い
だから 目先に在る物だけで考えるから
きっと バランス が悪いのであって
無い 事も意識しなきゃなぁ
なんて思ったりしている
きっと 自身が解釈した
アッコちゃんの<忘れる事>も
そこに意識を置く事にした
影も見なきゃ 光の有難さが
半減する そう思った
在った事 は 無かった事 に等しい
其れは自身の存在が 意識 であることを
前提とした場合
だから 目先を出来るだけ恐れずに
突き進みたい なんて単純な結論に達してみた。
そう 始めから無かったんだから
なんて意識したら どっか割り切れる
デモ 俗者だもんで まだ
意識を向けた で 止まっている
ヨチヨチ歩きでも 進んで見て
モノを見て 感じて 其の事を
これからも ここでこんな駄文デモ重ねていこうかね
なんて思った  
勿論 自身のバンドと共に  rk2 
 

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/26/2005

色んな事が

続いた どっちのふり幅にも
だけど 数少ない理解者のおかげで
笑顔にも 血が通ってきた感がある
昨日のjoyの宴はとても良かった
出れない自身が股、悔やまれる
タイミングなんてそんなもんだ
いつも 悪戯をする
タイミングなど 股 自身で造ればE
そんなE訳を自身でし 次へのヴィジョオンを
見つめるが為に 今日はミ-チング
ギタリスト男前は 今日は用事在り
残念ながら不参加
残されしメムバ-&理解者で
この先の話をし 今 帰ってきた
現実が 少しだけ味方をし 後は
自身等だけの 問題となり 一安心
予断は許さないが 後は<リスク>のみ。
だったら まだ 気が楽だ
些細な現実の悪戯など目もくれず
大きな現実にも受け止め付き合う腹も決め
自身は 股 泥舟に乗り いつか
本物の<結果>を手に入れる 旅に出る処
後はどれだけ<面白く>出来るか だ
どれだけ<馬鹿笑い>したか だ 
唯 楽しい だけの事等 興味なし
やっぱり 面白く なくちゃあね 
此処何日間で 自身と 馬鹿笑いした
皆様 心配の連絡をくれた 群馬人様
色んな角度から 刺激をくださった皆様
メムバ-様よ 心から感謝します 
ありがとう rk2
自身の大好きなバンドマンが過去に
こう 唄った
昨日は 事実
今日は 存在
明日は 希望
後ろから しがらみが追いかけてくるけれど
そんな事は少しも問題じゃない

| Comments (2) | TrackBack (0)

06/25/2005

生きてりゃ

勿論つらい時がある
悲しい時がある
デモ 次に行かなきゃ
だって俺達は生きてんだから
昔に比べりゃ 過去を振り返るのも
悪くない時もある
デモ 次に行かなきゃ
忘れる訳じゃあない 勿論
物理的に会えない事は
とても悲しい
何時でも 疎遠の方は
頭の片隅だ
忘れないって 勿論
忘れる事など誰もできねぇって
ホントだ
だから 生きてる奴等の為にも
これからの俺の為にも
次に行くよ
また あえる日を
楽しみにできる人間が
一人増えた
俺は また 会うからね
其れまでの間
少しだけ 次に 進むよ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/24/2005

有難う

本当に
ありがとう

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/23/2005

気持ちだけは

届きます様に rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

俺たちは

死にぞこないだ
だからこそ
無様に生きぬいてやる 
この無様な 様 を見やがれ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/22/2005

繋がっていた 線 が切れた日


悲しい出来事が一つ

物凄く 悲しくてとてもやりきれない

何故なんだ!  rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

思惑と

いつも違った方向に行く 何においても
もっとも上手く行く事は稀 大抵は
自身の持ってたヴィジオンから離れ
流れで考えていた其の次のことが
出来なくなる事がある
其の事を事前に説明してもそうだった
そう 人の話など聞いていないのだ
そのくせ そんな話聞いていないとまで言う
バンドの事だけはある程度進んでいるので
安心感はある 私生活においてだ。
 逆の立場で同じ事をされたら 自身以上に
文句を言うくせに 其の上事前の説明もせずに
文句を勝手に言われる事も多い
何故 少しでも<逆の立場>を想定して
モノを考えようともしないか?
何故 自分だけ の事しか考えようとしないか?
義務も果たさず 権利ばかり主張する
バンドでは 人の話を聞かないヒトは
人の音を聞いていない自分よがりの音を出す
実生活では確実に人の生活を無視した
行動に出る どれだけ無神経なら
そんな事を平気で出来るのだろう?
勿論自身だって色んな迷惑を人にかけて来たが
出来るだけ繰り返さないように謝罪してきた
経験不足が生み出す事もある。
だからこそ自分の過去に会った経験は
生かさなければ意味が無いと思う
そして色んな経験をつめば自然に
自分の 線 が見えてくる
そう自身は思っている
好き勝手に思いつきだけで生きて
E世の中ならなら 今までの
苦労は 単なる徒労に終わる
だから 其の事 位は自分の 立ち位置位は
自分自身で決める 
其の事がどれだけの 敵 を作ろうが
全く関係ない 何時でも其の事を
説明できる 聞く気 がある人ならば
だから自身は常に 邪魔者 なのだと思っている rk2 


 

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/21/2005

仕事柄

色んな家に行く
労いの言葉をかけてくれる人間も多い
 が 同じ位癖のあるヒトもいる
こちらは相手を選べない 勿論。
そういうヒトも含むで成り立っている
だから どんな目に合わされても
仕事だし当然文句も言わず
頭を下げて帰ってくる
まぁ職場の人間がE人間ばかりだから
我慢もできる 皆 我慢しているし。
 猫のいる家なんかは
自身が大の猫好きなので 
テンションもあがる 大抵の猫好きは
E人が多いので 話が弾む時もある
 自身は根本的に人間嫌い
言葉が話せない猫の方が
よっぽど通じてる と感じる時もある
自身の思い入れが強いだけかもしれんが、、、
下手に言葉を使うより 態度で示す
動物のほうが よっぽど スジが通っている
そう そんな関係がとても好きだ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/20/2005

言葉なんてのは

所詮 現実の
オマケ
にしか過ぎない
今日家に飲みに来た
職場のN君は
其の概念が
其の物の人間
俺はこんな人間が好きだ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/19/2005

かがみ

前に立つ 事実のみを映し
結局 間接的にしか
自己の存在を
さらけ出す事は無い
対称物 それは邪魔者

そんな気分だ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/18/2005

達成感

自身の目的に向かいある程度の結果を
成し得た時 多分にしてどっか冷静に
当然の事 と思う自分が居る
横柄かと思われる方も当然居るかとは
存じますが<リスク>を背負った前提なら
過去の積み重ねで見越した行動が
伴うのだから当然其の方向に向かうもの。
人間は自分の動ける方向にしか
動けない者 だからこそ其の事だけは
信じたいと思う気持ちは当たり前にある
第三者が関わるならば尚更だと思う
 にもかかわらず失敗する時は
事を進めるには早計だったか
関わるヒトに自意識の無いヒトが
居る時も多分にある
ヒトのせい と言うより人選ミスの
自身のせいである。
デモそこを越えて結果が出たのであれば
それはとても素晴らしいことであり
実績 自信にもなる
何かを達成した後は自身の今までの幅を
少しデモ超えたならば
次を見失いがちになるのは自然であり
それだけ純粋に対峙した証拠でもあると思う
要は 一皮向けた自分
もしくは 今までやらなかった事に対しての
極自然な状況 だからこそ見失わないで
現状をつかむ事 次への ヴィジョン を持つ事は
とても大事だとも思う 自身がどうしたいか?
何をしたいか?其の事を実体験と共に
実績を伴った上で 明確に持つ事
持てる人間 はとても素晴らしいと思う
なかなか そういう人間には成れないし
出会えない 自身も一歩一歩近づきたいのだが
上手くはいかない だからこそ其の現状で
楽しみながら 実績を造って生きたいと思っている
なぜなら 現実は直視するほど
楽しくは無い だから自身が面白くしていくものだと思う
そう 何も無いのは 何にもしていないから
何かすればリアクションは必ずある
だから 自身の視点はとても重要になってくる
選ぶのも自身 動くのも自身
全ては自身に全部帰ってくる E事も 悪い事も
迷うのは色んな視点で見えてくるから
選択肢が増えてくる 
現状 視点 バランス
対峙する人間や 状況によって答えは
目まぐるしいほどの変化をする
だから 生きていて楽しまなければ
面白がらなければ やっていけないとも思う 
酔っ払った 今日はここまで
単なる酔っ払いの戯言
それだけだ 自身なんて
酔ってなくとも さほど変わりは無い 
其の人の答えなんてものは
大きい 小さい 含むで
実績を伴ったそのものが
常に足元にある 其の事に
気づけるか?気づけないか?
は 其の人間次第ではないか? 
今日はスタジオの後メンバ-と飲んだ
其の事はきっと いや絶対自身の
足元の答えだと信じて止まない rk2

| Comments (4) | TrackBack (0)

06/17/2005

復活LIVEの日にちについて

よく あの日 ですね と言われる
狙った訳ではなく ハコ側の判断で偶然なのだ
あくまでも自分自身個人の意思だが
何かを掲げられる程何もしていない
だから掲げる事は出来ない
だって色んな問題がある 現状は 確実にある事くらいは
分かる部分もあるのだが
自身は結局この資本主義の中のこの<システム>
の中で生活をしている
だから自身に言える事はあくまでも<個人の事>として だ
まぁ大観すればそれも繋がっていくのだろうが
あくまでも自身が発言できるのは<それ以前>まで
<個人レベル>まで ということ
だからあくまでも自分個人としては
<バンド> <おと>には<個人レベル>の事までしか
持ち込めない だもんでバンドはあくまでも
<おと><うた><人間模様>
が 見えればEと思っている
何がEたいか?
LIVEが あの日 だからといって
個人的に思う所があったとしても
バンドの事には自身は関係なく思っているし
むしろ 其の日自身にとって大事なのは
自身達がE LIVEをする事だけだ
バンドマンとして。
ということは 別にどの日だって
バンドに対する 意気込み は全く変わらない 
そういうことだ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/16/2005

今日仕事場で

今日は常駐の店 久々 雨で忙しかったが
難なくこなし 皆と歓談
仕事柄チップをもらう時がある
大概はジュウス代煙草銭位
もしくはジュウス其の物だったりする
少ない額や現物は本当に 気持ち と思い
有難く頂戴し感謝して帰るが
自身は未だ無いが時たま凄い額の
話もチラホラ 常駐の店の人間は
ほとんど断っているのに対し
他店のヒトは躊躇い無く貰っている話を聞いた
、、、、、、、、実際此処は日本国元々チィップの
概念など無く自身は始めて貰った時の額も大した額では
無かったが、かなり躊躇した 今では小額なら
有難く頂いている
しかし デリバリ-代は金額に含まれている
だから少しは躊躇する が あからさまに
デカイ金額を躊躇無く受け取れる神経が分からない
 其の人が渡したがっているんだから とは言うが
やはり自身には躊躇される 受け取れるヒトの事まで
どうこうは無いが躊躇しない神経其の物は理解できん
多分にしてそういうヒトと 勿論その理由ではないにしろ
その神経とは何処かしらぶつかる運命に在るのかと
なんとなく 境目 を見てしまった
高い料金を払って 尚且つチップまで払える
むしろ失礼だが いかにも と言う家の人より
普通の民家がそういう傾向にあるのは
世間が少しはお金を廻す余裕が出来たのかと
錯覚してしまう ううううううううう-ん 微妙だ rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

06/14/2005

メンテナンス中?

この日記を書こうとすると何度かメンテナンス中とか
込み合っていて動かないときがある
どういうシステムかは知らんが
こんな人気の無いところ位ホットケである
書くネタを其のことでよく忘れる
自身は売文家ではないので
このつたない文章でさえ 非常に時間がかかる
其の上ネタまで忘れたら お手上げ だ
デモ昨日は自身がデコントロ-ルだった
極一部の方ととあるサイトの方よスマヌ ガハハ
自身がメンテナンス風だった 
昨日書こうとした事は一つも思い出せない
何故なら自身などコンナもんだからだ ガハハ
まぁ誰も傷つかないから文句言われる事も無いが。
 今日は自身の兄貴的存在Tさんの店に野暮用
同バンドのS君ともしばし歓談
店を経営する し続ける ことの厳しさは
此処を見ているから 容易ではないことが分かる
勿論E時期だってあったのだから この厳しさは
だからこそ堪えるのだろうと ヒシヒシと伝わる
まぁタフな兄さんだから何とかるだろうし なって欲しいものだ
家族持ちだし尚更そう思って店を後にした
よく色んな人から商売始めたいんだけど とか
一緒にやりませんか? とか 言われた時期もあった
自身の基準は常にこの店と この店の近所のレコ-ド屋Bも
同様だ <甘くねぇな>といつもこの二店舗は
厳しさを自身に教えてくれる
自身程度にそんな話を持ってくるようじゃあ 
其の人自身の<ヴィジョン>を疑わざるを得ない
だって自身は<商売>から一番遠い島だからだ
もっとも其の話が動いた試しも無い
其の位の見極めなら自身にだって出来る
まぁ冗談で終わる話とかネタにでもなりゃあEし
うちのDr S貝さんみたいないじり方なら可だけど。
現実はとても厳しい。<リスク>を背負う 背負っている なら
尚更である この現実に直面し 維持して行こうとしている
自身の廻りの人間は皆<おっとこまえ>である
自身はそんな度量 器 ならない 自慢じゃないが
酔っ払ってこれが書けない位の <お猪口> である rk2 

| Comments (0) | TrackBack (0)

今日仕事場で

よく聞かれるのだがタバコ吸わないんですねぇ
と 酒飲むんですか?だ
タバコは吸いません昔から 酒は飲みます弱いですが
今日のHELPの現場でバンドマンM君に
股 聞かれ 明日は休み 飲み相手を探したが皆NG
ガハハ これ以上断られたら凹むので近所のス-パーSで
鯵 鮪と自身のKINGOFBEER Yの黒を購入
一人酒 たまにゃぁ悪くねぇな なんて思いながら
これを打ってる 
明日はスタジオ作戦を練りながら なんて思ううちに
酔っ払ってきた アハハ
何書くか 途中で文字設定が自身のせいで変わり
職場の店長bさんに電話 スマヌBさん
今日の日記はグダグダ
ガはは 何書こうとしたか忘れちゃった
極一部の方よスマヌ 今日は 無理! 
ガハハはハハはハハはハハはハハはハハはH
こんな日もあるさ だって人間だもの RK2 今日は大文字

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/12/2005

自身の思う

頭のE悪い あくまでも自身の基準だが
其の人自身の頭を使って 其の実体験をもってして
言葉を発しているかどうか だ
勿論其の中には失敗だって含めば
誰しもが発展途上 要は其れまでの<プロセス>
が見える言葉かどうか だ
だから世間で言うところの頭の良さとは解釈が違う
借り物の言葉 例えば人の話や知識などを
言う時は予め自身は其の前提と断ってから
話す様にしている 聞き手が聞き逃していなければ
必ずそう断って話をする
 過去自身の廻りでも あたかも自分が見たかの様な、
あたかも自分が其の体験でもしているかのような
話をするヒトが居た 当然消えたが
そういうことは 実体験でものを話す人間なら
簡単に見透かす事が出来る
 一枚上に見られたい見栄 なんてモノは
結構誰しもが大なり小なり持っている筈
自身にも当然ある だからこそ自身の体験以外の話は
断りを入れる様にしている
 一枚上に見られたくてしょうがないヒトは何故か
何もしていない人まで勝手な実績も何も無い
その場の点の考えで 人を陥れ様とする
幸い線の考えを持っている人が廻りには多いので
其の人達までの誤解は少なく済んでいる
 要は勝手ないわれの無い先入観を、
其の人自身の原因は棚上げで 其れに対し
こちらの起こした行動の一部だけを
吹いて廻られる事等 過去は耐えなかった
まぁ 今だって自身が知らないだけかも知れんが
耳に入らない事までピリピリしてもしょうがないし
そんなんしているヒトには 必ずツケはマワル
自身が手を下すまでも無いが 
我慢には限界もある 
自身はあくまでも個人の観念の
頭のE 悪い
を 信じている 
それは自身の 統計学 に近い rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/11/2005

音友の

同じ職場の感覚派、理論派 IさんがJちゃんと結婚した
いやあメデタイねぇ なんて自身も人の子
其の位の感情くらい持ち合わせている
水曜日に職場のTと映像監督のKさんと
半日飲酒 久々にあんなに飲んだ
それにとても 気持ちE だったのだ
    末永くお幸せに
其の時にKさんとIさんが昔撮った自主8ミリを見た
自身 本 映画 全く疎いが
時代を感じるのは 画質と 髪型位で
とても面白かった 何故か?素人にも見える
動きやテンポの良さ 引き込む力 そして
<リスク>を背負った<気持ち>が
コダワリと化して 画面から飛び出す     
なんて無茶する人たちだ、、、、、
自身の気持ちは確信に変わった
此処にも居た! 社会に順応出来る<キチガイ>
 進行形の話で でかい規模でのこの二人の
コンビが 映像 音 で合間見えるらしい
昔と違って好き勝手には出来ないだろうが
 この先 を見据えた 線 を繋ぐ一歩らしい
こういう人達が造る作品なら自身でも興味が湧く
 そう ジャンル デモ カテゴリ- なんかでもなく
 <身>を削った<人間>そのもの が見えるもの
それだけが自身が唯一<信頼>をおくところだ
どちらへも。
 何か胸騒ぎだけを感じ 家路へ
ホントにE一日だった
自身は社会に通用する幸せに一番遠い国だが
大事な人間達の幸せで今は充分だ 
痩せた処で不細工33 rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

自分自身は

全く技術を持っていない 勿論 うた の話
過去からこのバンドのイメ-ジとしてよく言われるのが
こ難しいとか 技術がないとダメでしょ とか 厳しいんでしょ
とか、、、、、、   自身にしてみれば やっているバンドは
もっと厳しいし 技術などウチよりももっと持っている
むしろ 自身は結構緩い方だと思っている
要は 単なる先入観だと思う。
ここで断っておきたいのは あくまでも最低限のモラルを持って
音を出し続ける場合
その先入観を植え付けているのは 過去にあった
おと 以前の人間性で揉めた事が混同している為だ
そう おと や 技術 以前の問題だった
バンドマン誰しもが同じ境遇にあったら きっと 似たような
問題は起こっていたはず 起こっている所も実際あった
だからこのバンドで おと の話をしているのは 最近だ。
バンドマン誰しもが、しっかりとした自身のビジョンに
向かうなら 最低限の努力、そして曲にそった技術が必要だ。
何が言いたいか?
技術先行で話がしたいならpunk、 hardcore など聞かなくてEでしょ
ということ LIVEなんか行かないで 技術があるオトを
CDでデモ聞いたほうがEでしょ
よく 上手いバンドだねって言われるが 其の話には
自身はまるで関係ない うまくないから
今のメンバ-だって上手いバンドなんか目指していない
へたに変拍子なんか入っているとそう思われがちだが
曲を映える様にやっているだけで 技術が目的ではない
だって 元曲造っているのは自身が多いから
根本的にそうだ
だから こういうバンドこそ 上手いと言われたら
他に目に付くことが無かったという解釈が出来る
やはり スゲェ と言わせたい 人前でやるからには
勿論悪気があってそういっている訳じゃないこと位は
分かっている だからこそ突き抜けたその<領域>まで
たどり着きたいのだ
どのバンドだって自分らの造った曲が映える様に
練習するはず うちらだって全く一緒だ特別そうじゃない
だからこそ唯上手いねと言われると
自身もマダマダだと凹むのだ
技術が物凄くあって 上手いと言われる音でも
自身がその音が好きだった場合
自身は其のことではない 別のベクトルに目が言っている
 とどのつまり wagplatyは技術先行型でない事
だけは確かなのだ 勿論どうともとららえてもらって
結構です 受け手の自由です
その思ったことは 事実と違うなら 其のことは
押し付けないで頂きたい 思うのは勝手
事実無根は押し付けるなら否定致します 人として 
技術でどうこうなんてよりも
簡単でカッチョEならそっちがEに決まってる
そう カッチョE事がしたい 唯それだけだ 
自身の判断基準などそんなもんだ rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

06/09/2005

可愛Eリズム

ここ一年くらい 自身のリズムの解釈に悩んでいる
見えている所もあるが 自身は楽器がまるで出来ない。
だもんで いつも出来上がる頃には最初の 思惑 を
忘れてしまっていることも多々ある
伝える頃には違っていることもザラ
記憶力も此れからは下降をたどる一方だ
 元々は自身で組み立てたリズムに乗せて
後は吐き出す一方だった イメ-ジだけ先行して
エグみも沢山あった 感覚としては語弊もあるが
ロックな所を排除しようとノイズコア的な事をしていたと
後に気づいた というより自身がロック好きなのを
思い出したのだ そんなことを経て
今は表面だけの昔の様な変則リズムに頼らなくても
自然にリフが、分かり易い変則に昔よりはなっている
まぁ気持ちが昔より少しはエグみが無くなってきている
表れだとも思う。 根底は変わりないのだが
少しは廻りに順応してき始めているのかも。
だとEのだが それは廻りが決めること
昔から独特なリズムが好きだ
根底にあるのは 多分幼少の頃に聞いた
<COSMIC SURFIN’/y.m.o>勿論studio ver
あの曲があのバンドの一番好きな曲だ
あの影響がとてもデカイ 今も良く聞く
乗れるリズムありきで崩れている
自身が求めている所
この先一体どんなリズムを今のメンバ-と
築いていけるかは
どんな人間関係を築いていけるか が
大きな比重をしめている
相手のこと 自身のこと
そしてバンド全体になったときのこと
其の視点でモノを話す ヴィジョンを持つ
それを抜きで自身の思う おと は在り得ない
其のことがメンバ-の思惑を
音に繋げていくものだ 
<四者四様> 言うのは簡単だが
おと に其の事を託す事は物凄く難しい 
だからこそ続けて行くしかないのだ
自身が死んだ時には 是非其れまで造った
一番Eビ-トで各個人が見送って欲しい
葬式なんてして欲しくない 墓も要らない
戒名なんかもってのほか 骨は海に蒔いて
各個人が一瞬思い起こしてくれれば それがE
まぁ 当分死なないし まだ おと も出来てないしね 
まぁ 先の話ですよ 先の rk2
 

| Comments (0) | TrackBack (0)

じゃがたらworksbest10

1  BIG DOOR
2 もうがまんできない
3 HEY SAY<NHK Studiolive ver>
4 家族百景
5 みちくさ
6 SexDrugsR&R<R&R olympic ver>
7 中産階級ハ-レム
8 つながった世界
9 ゴ-グル、それをしろ
10 タンゴ

ココのところ結構色んな事に神経摩り減らす
今は?         rk2

| Comments (4) | TrackBack (0)

06/08/2005

自身の大好きな バンドマン が過去にこう言った
<結局 皆 リズムに救われたいんだよ>
自身の うた はメロディ-が先に来るもの では無く
リズムに うた を乗せていくものだ
実際其れしかできない ヴォウカリストと言うよりは
どちらかと言うと マイク持っている人 だ
 昨日はスタヂオ 今自身の <壁>に当たっている
昨日は特に自身が<リズム>に乗り切れなかった
こんな日は特に凹む メンバ-に申し訳ない気持ち
いっぱいで家に帰り 流石に其の後これを書く気になれず
色々考え込んでいる
多分 未だ均一に乗り切れていない どっか問題に
気がついていない所が 必ずある
懸命に考えるが 寝てしまった
!!!!!!!!!!!!
分かった 俺疲れてる
ガハハ そりゃそうだ 仕事も変わり
ようやく慣れて来た所 私生活のやることも山積み
自身の休みで休んだ覚えは無い 皆用事のため
こないだガス抜いたから E気になってた
ガハハ 一段落する前に体休めなきゃね
 いつもそうだった 病気も熱が上ってからじゃなきゃ
気がつかず 半年に一回は点滴うってたんだっけ 前は
忘れてた ガハハ まぁそれだけ今は前より健康的だ。
だから 疲れないと自身どっか錯覚してた
進歩ねぇな 俺 
たまにゃ 誰とも会わず一人のんびりしてノホホンと
いきますかね 本来はとてもE加減でズボラだ
バンドを続けたいが為だけに今に至る
 そう本当に気持ちだけでバンドをやっている rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

06/07/2005

詩 唄 うた 

自身は日本語の うた が好きだ。勿論 英詩のバンドや
海外のバンドも好きなバンドは数知れずだが
やはり日本語の うた が好きだ。
ダイレクトに入ってくる 言葉 に、めっぽう弱い
多分だが自身も実体験と考えることが多くなって来た為か
勝手に 自身とリンクさせて聞くからだ 
その曲に うた が乗り 意味が増す
<感じる事>が出来る 勿論書いた本人の意図と
違う解釈もしているだろうが 本人に其の事を
押し付けなければ<迷惑をかけなければ>
捕らえ方など自分個人的には どうでもEと思う
自身は<感じることの出来る血の通った言葉>
に めっぽう弱い
自身の うた は抽象的な言葉が多い
其れしか出来ないのだ ガハハ
デモ 感じる もの。だと思っているので
へッチャラなのである
まぁこんなオッサンが一人居たところで
どうって事は全く無いだろう 多分。
だってあんな うた 唄った所で
聞いている人もあまりいないからね
今日古本屋でiggyの記事が載った雑誌が投売りされ
思わず購入 笑った
<抽象的な歌詞になど興味は無い 俺だったら
ドラックなどEもんじゃねぇ もし在るなら俺にクレ
って唄ってやるぜ>
人には個々のキャラクタ-がある iggyがそれ唄ったら
カッチョEが自身はそんな ロッカ-ではない 残念ながら
うだつの上らない オッサンが日常を等身大でぼやく
これが自身のキャラだとも思う 人には適材適所がある。
以前自身の うた を聞いた 職場のTが セロハンテ-プで
メビウスの輪 を造って <あの うた こういうことですよね>
ガハハTよ お前の其の 感じ方 がカッチョEぜ
E感覚している 基本的にメンバ-にも歌詞の説明はしない
出来ないのだ在れ以上の言葉で そんな感じで書いている
だからこそ 感じて 欲しい
この 駄文 が少しでも 補足 になればと
実は歩み寄って書いている 其処に<リスク>を負う
意味ならある rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

06/06/2005

国民性?

今の職場だけでなく 今までの職場 まして私生活デモ
様々な国の人と接点や 仕事 作業を共にしているし してきた
今の職場では他店舗にも行くためか他の国の人との軋轢を
自身でも感じれば 其の手の話が結構途絶えない
昨日も他店舗のH君が仕事上だけでもなんとかならないか?
と言ってきたのだが 仕事に関する概念が根本的に違う上に
やはりこちらにどっか敵対心<そういう国同士の軋轢もあるため>
を感じることも少なくないので 尚更 仕事上だけと言うのは
余計難しい。 日本人だって 自身の頭で物事を考えようとせず 
同じ事を繰り返している 馬鹿 など山ほど見てきているし
やってもいないことを やったと 言い張られ その仕事場を
辞めたことなど何度もある。自身 異文化のすれ違いこそあるし
其の人の<育ち>は避けて通れない
結局は其の人の<人間性>でしかない
こちらも ある程度までしかできないが 歩み寄り や 
相手の視点から見た 行動 を起こせば 
よっぽどの馬鹿でもない限り
とりあえず その場 もしのげれば 
後々仲良くなり仕事上も上手く行く事も少なくなかった 
其の国で教えられた 教育 文化 は、まず払拭出来ない
では 其ればかりではない 現実 を造れば少しでは在るが
現状は打破できる 
最低限のモラルを持ち合わせた上での話だが 互いに。
 それこそがH君の言っている 仕事上だけデモ に繋がるし
其処迄いくには 仕事上だけ という概念では繋がら無い
どの国だろうと 誠意 はあるし 侍 だっている 形は違うが。
そう 概念はあっても 形は違うのである だから表面上だけ追っても
余計話は食い違う だからこそ 起こる現実の上で自身も
それを見極める必要性もあるし 相手も 選ばなくてはいけない
正しい事を言っても通じないのは 他の国 異文化 だけに限らない
 まぁ 言葉の壁 も当然あるのだが、、、 
<現実><事実>を並べていけば<真実><真相>は
見えないだろうか?誰に対してでも。 
言葉下手 な人も居れば 口だけが達者 な人も居る
だからココに書いてある <自身の言葉>にも 言葉面だけでなく
自身を知っている人は自身のやっている事も含むで捕らえて欲しいし
知らない人は バンドを見て頂けたらより見えてくると思う
節度 モラルを持った上でなら 話しかけて頂いても構いません
たまに色んなハコ レコ-ド屋に出没していますので。
数年前自身の<兄貴的存在D.O.A>をIさんHさんと共に
日本に招いた。兄貴たちの 一言は素晴らしかった
<俺たちは お前等の行く所を見る お前等が食べる物を食べる>
ある夜居酒屋Kで打ち上げの最中 冗談で 
JOEYにマグロ納豆を指差し
<try it>と言ったら 本当にズルズルかっこんだうえに
<good>の一言
流石 おしゃべり から 行動 を引けば ゼロ になると 
言っているだけあった。 この<概念>こそ素晴らしい rk2


| Comments (0) | TrackBack (0)

06/05/2005

今週の名言

ぢは苦しい ー ヒサヤ大黒堂 A

| Comments (0) | TrackBack (0)

ガスを

抜いてきた <屁>の話ではない
そんなんで済むならとっくに抜けっぱなしだ
ベタでスマン
仕事が思うより早あがりでき
Wというハコへ向かった 
LIVEは少ししか見れず
悔やまれる E面子だったから が
旧知の仲の人間との血の通った
どうでもE与太話がとても心地Eのだ
CというバンドのMさんとPというバンドの
Yさんの彼女さんと<海外旅行と味付け海苔と簡易味噌汁>
についてしばし    D<F>の連中は変わらず馬鹿だったし
Sのメンバ-ともとてもE時間を過ごしてニヤつきながら
スコブルご機嫌さんで無事帰還
本当に心地E夜であった いつもどうもだすよ 皆様
新曲でふり幅について歌っている うた がある
振れれば振れるほど どっちにも繋がる
普段の軋轢が多く感じるほど こんな夜こそ格別なのだ
最近はこう直に血の通った話が多く出来
こんな廻りに恵まれている自身は幸せだと思う
色んな視点があるからこそ この事にも気づけたのなら
徒労にも終わってないのだと 確認ができた
ダメ人間も悪くない
懸命に無様に生きる皆様に幸あれ 
こんな時は<テクノデリック>でも聞いて
未だ見ぬ明日に備えるのだ rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

06/03/2005

お見舞い

行って来ました 思ったより元気そうで何より
自意識の無い全てのタクシ-ドライバ-に
ツケがマワレばEと本当に思う
車に乗る以前の問題 同室のおっちゃんも
同じ様な被害 皆 人の命何だと思ってやがる
自身もドライバ-業が多い 運転も正直下手だ
過去の運転なども確かに酷かった
間違いもある
謝ってなるべく繰り返さない様に
気を張り続ける様ココロかけている
タクシ-と揉める事も数知れず あいつらは
保険屋と絡んで 自らの業務<金儲け>
のみが目的で本気で謝るつもりなど毛頭無い
 中にはE人もいるって?そんなもん当たり前のこと
サ-ビス業なんだから 過剰な要求ではない
モラルを持って当たり前のこと<迷惑をかけない>
をしなさいと 言っている 人として。
あいつらは 反省 学習 ということを一切しない
その場がしのげりゃそれでEとしか思ってない
そうじゃなけりゃ 毎日タクシ-絡みの道路上の
トラブルがこんなにも多い筈が無い 会社側も一緒
もう一度言う てめぇらの金儲けの為に皆が
存在している訳じゃあない!お前らが道路で金稼ぎ
する事が皆前提なんかでは走っちゃいない!
何度も過去 アホの警察にも 馬鹿のタクシ-会社とも
直説 話をした 結局その場しのぎの<謝罪>ではない
とりなしの言葉を吐かれたのは 今の現状を見れば
分かること。嘘も何回も吐かれた 証拠が無いからといって。
人が名前を名乗り其処まで意思を見せるのに
こちらが嘘をつくメリットなら ない
馬鹿どもは その場しのぎで平気で嘘をつく
メリットならある その場しのぎだから 証拠がないから
会社もそういうマニュアルが在るのだろう
皆が同じ事をいう こちらの言い分は 見ていない からと
信用せず  見ていないからと自分で言っているのに
ドライバ-が言っているから間違いないと
そちらだけ信用するという事を tky無線グル-プに
何回もされた 人には我慢の限界ならある
何度でも揉めてやる 人の命を軽視する
奴等とそれを黙認しているクソ野郎ども 覚えておけ
 いつかお前らの自身とお前らの家族身内に
お前らがどれだけ罪なことをしているのか 
思い知らされる事を本当に 切に願う!
馬鹿につける薬など本当に無い 
罰則を効果が出るようにつけない 会社も同様だ!
ツケがマワれ お前らに早く!
生きる価値が全く無いお前等に! 
他人の不幸の上に乗る幸せなど本当に無い! 
俺は大人なんかじゃない 正しい事<人の迷惑にかかわる>
も言えないなら 子供でも何でも結構だ! rk2

 

| Comments (2) | TrackBack (0)

先々月に

そう事故ったのでR
二針{しょぼっ}縫い 手と足擦り傷 切り傷
左足はバイクと自己の体重が乗り悲鳴にも似た
雄叫びをあげた 環8に換気扇の蓋が落ちてて
乗り上げブレ-キをかけたのが原因で滑った
頭から落ち左足を挟んだ 近所の米屋の嫁が
介抱してくれた 通行人のお姉さんも<有難う御座いました>
血まみれになりながら 動かない手で店に電話し
アガル筈だったU君を呼び 思いつく限りの仕事の
引渡しをし 取りあえず 手足も動き 折れてないのも
確認し QQ車を待っていたら 何故か笑いが込み上げ
ゲラゲラ笑っている自身にU君ひきつりながら
<どうしたんすか?><いや これオモロイわ>
<、、、、、、、、、、、>
気持ち悪かっただろうなU君 頭打ってたし
余計そう思っただろうね 頭から自身のスキナモノ
いっぱい出てたんだろね きっと。
かくして 運ばれた病院が ヒデ-ヒデ-
通院して 待ち時間一時間診療二分 嘘じゃないって
左足の診療など無く 薬も無くなっても出さない
縫い傷のガ-ゼ取り替えて はい終わり
傷は沢山 左足も痛てえって言ってんのに
医師の態度も向かいの薬局の態度も最悪
Kと言う土地のH病院 I通り沿い 当然もめた
人間の命なめすぎ 金の亡者共
都と保健所に電話してやったうえに
院の責任者に自身の通いつけの病院に
紹介状持って行かせてやった ざまあみろ
流石に自身の体は自身で守らねば
人間の心を全く持たん自意識の全く無い
技術のみのクソ野郎共め 思い知れ
車中<あんたの家族にもこんなんしてんの?>
<、、、、。><あんたの家族にも安心して勧めんの?>
<いえ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、。>
 今まで嫌な思いは山ほどした けど病院までとは、、、
二度と会うこともねぇけどと言い 三十分説教
  が 明日身近な人が入院している所に見舞いに行こう
と 思った矢先 その病院はソコだった
自身がそこで受けた屈辱をたっぷり デケエ声で
話して来ようと思う 大人気ないなら それで結構!
人の体に障ることだ! 自意識の無い馬鹿に
金払ってまで体を無茶苦茶にされる覚えなど無い
 けどTさん はやく 良くなって股飲みたいっすね
同じ東北人 以外とこういう情くらいは
自身でも持ち合わせているのだ 祈 バンド復帰! 
さぁ 見舞い何持ってこうかなぁ
久々に出会った頃の体重まで落ちた
自身の顔でも見て笑ってくれりゃぁEけど rk2 

| Comments (5) | TrackBack (0)

06/02/2005

ガハハ 草バンド!

今日の仕事場は他店のhelp 何度も行ってるので
少し慣れた所 夜は社員二人と自身一人
思いもかけず忙しくなる が 何とかパニクらず
こなす 仕事も終わりかけた時 一人が<社員になれ>
と 自身に。冗談だと思い軽く話を流すが喰らいつき
生生しい具体的な切り口 ヤバイと思い渋々バンドを
しているのでココでは無理と伝える 勿論俗世間的な
バンドの目的でやっているのではないので 物理的にも
よけいココでは無理と 伝えた
すると 本人は皮肉混じりだろう<草バンドだ!>と
のたまった    ガはハハはハハはハハはハハは
Eねぇ 実にE響きGOODSOUNDS!
以外とこの言葉 本人の思惑とは裏腹に気に入った!
赤ワイン開けて乾杯したかったよ みんなと
充分 充分 <ハイっ!草バンドですよ 草バンド!>
即座に答えるには十二分な理由ですわな ガハハ
<草バンド>デモ何でもE 自分達が思う確かな音さえ
出ていてくれれば 世間体などどうでもE 
ビジネスマンには到底なれず 自分らの音も 俗世間的な
商品価値など全く無い よく<やった者勝ち>みたいな風潮も
なきにしもあらず 自身は<続けた者勝ち>だと思ってる
勿論他者と比べてではない 自身に向かってだ
自身個人の野望は出来るだけの社会に順応出来る<キチガイ>を
繋げていくこと 自分達にしか出せない<音><うた>を出来るだけ
続けて行く事 それ以外は在りません あくまで自分個人の話
社員とのやり取りを腹の皮がよじれるほど笑いをガマンしながら
受け答えした自身を褒めてあげたい 
勿論 思いもかけず 唐突に言われた<間>が面白かった
その場に居ないと分からんだろうなぁ 嗚呼 面白かった
社員の方 笑いをこらえて受け答えした自身を褒めてくれよ 
いやはやメンバ-よ <草バンド>らしいっすよ うちら
 声だしていきましょう! ガハハ 
別の意味で<草バンド>は存在する? ガはハハはハハはハハ 
<草バンド>今日も行く 明日も 明後日も イエエエエエエェイ!
最高か? rk2 

| Comments (6) | TrackBack (0)

06/01/2005

メンバ-と

音を出して帰ってきた所 気持ちがEやはり。
無謀にも思う所在りでLIVE前に音源を造る予定
正直全く予測がつかない状態 手探りだ
唯一 以前と違うのはバンドサウンドを
より意識している事 どう聞こえるかは
第三者が決めることなので 今は 本当に
分からない が 自身この今の音がとても
しっくりきている。出来るだけ メンバ-の
手触りを重視して この音源をLIVEまでに
完成させたいと思う。自分自身は過去と比べ
今は全くといってE程音に対する姿勢が
変わった だから 過度な装飾は無しで
<剥き身>な おっさんサウンドに仕上げたく
思っている。 突き抜けたものは
どんな状態でも唯一<普遍的なもの>になる
と 信じている 自分が目指すもの<音 >
は そこにある。  rk2  

| Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »