« あと | Main | E事と »

05/26/2005

ゲヘヘ

褒められたのでR
ここまで生きてきて あまり褒められた
記憶なら無い。はめられた事なら
何度でもある 自慢じゃないが。
社交辞令のど-でもE事
を 鵜呑みに出来ない性格なので
そう言う言葉には敏感になってしまう
股、その場を合わせてしまう自分にも
嫌悪せざるを得ないときもある
人とのしがらみなど そんなもんだ。
心のこもった言葉は<行動は>
こんな捻くれた人間をも 穏やかに
してしまう たまにはこんな日も
悪かねえや なんて思いながら
仕事で疲れた体は癒されていった。
マッパで踊ってくだされ ホワイト1号と。
 傷口の舐め合いなのかどうかは
分からないが 波長の合う人間との
<現状の確かめ合い>は自身の
その場の気持ちの確認にもなる それは
リスクを背負った者にだけ許される
<愚痴><ぼやき>
たまにゃあEじゃねえの たまにゃあ
程度のもんだ。
出来るものなら 自身の中に留めて
おきたいもんだが、我慢には限界が
あるのですよ 皆さん
人が気にしない所まで 気にしすぎている
考えすぎ とよく言われる。
物事の前後にもよるが 何が考え過ぎて
いけねえのよ と思う時もしばしば
其の事を ホッタラカシニすると
あらぬ誤解 と言いますか アゲアシを
とられると言いますか 結局騙される破目に
落とされることが 何度もあったからだ
リスクを背負おうとする人間が 行動を
起こすのは それなりの理由ならある。
突然 切れているかの様に見える時でも
積み重なった理由がそこにある
<リスク>を背負った人間のアゲアシ取り
など簡単に出来る 唯自分がやってもいない
正論を言えばEのだから これだけ情報が
溢れている昨今 体のE言葉など簡単に見つかる
<点の考え><線の考え>
自分の歌詞によく出てくる言葉
それは 自分との境目だとも思う
何度も言う 理由ならある
聞く気があるのなら いくらでも話をする
線の考えでなければ 届かない言葉だけど、、、
 今のメンバ-は 線の考えを持っていると
信じている だからこそ 考え方の多少の
違いなど さほど問題が無い、時が解決してくれる。
むしろ それは 選択肢の違いにしか過ぎない
どちらでもEのだ 進める方にしか所詮進めないのだから
だから <たら れば>などない
培ってきたものこそが 肝心な時にモノをいう
それが 本当の<キャリア>なんではないですかね
だからこそ 考えすぎて何が悪い とも
開き直っている。自分はそろそろ 実 が欲しい
だって、結果が出ない過程は 結果の出た過程には
到底かないはしない と 思っている
<たら れば>はいらない 夢ではなく現実に
いつでも 直面している だから不器用で
うまく立ち回らない 立ち回れない
それでEと本当に思っている なぜなら
<実>が 自分のやり方で 本当に欲しいと
考えているからだ。 あくまでも
自分個人の考えだけどね
言葉って難しい 誤解されんのはもう嫌だ
自分は本当にE人なんかでは無いので
事実は全く構わない
本当に誤解だけは勘弁して欲しい
本当の事じゃないから。
頭くっつけて伝わんねえかな なぁ なぁて rk2 
 


« あと | Main | E事と »

Comments

いえいえ こちらこそ 愛毒してますわよ
なかなか 日々うまい事は行かない中
Eオアシスになっているのですよ。
数少ない 言葉が 記号で 終わらない
ラインですので。 こちらも ズラを取る
勢いで。だから ハゲてないってば

Posted by: rk2 | 05/27/2005 at 01:47

eye読により日々の僅か程の楽しみが一つ増ヱたので御座ゐマス
近くもなゐが遠からづなアスコで恥部をツラつら今日も叉
マッパで踊る弐号より
有り難ウなのデR!

Posted by: ドドメ色2号 | 05/26/2005 at 14:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/88003/4281988

Listed below are links to weblogs that reference ゲヘヘ:

« あと | Main | E事と »