« April 2005 | Main | June 2005 »

05/31/2005

ウテバヒビク

相手というのは なかなか出会えないものだ
其の点バンドマンなんかは、まだ其の出会いが
あるほうだと思う。色んな人から連絡が来て
皆うまくガス抜きが出来ない現状に悩んでいる様
自分は無責任な人間なので出来ないことは 出来ないと
言ってしまうし 其の人の直接的な 力 には成れない
親身に話を聞いて自分の意思を伝えるくらい しかできない
 息詰まる人は色んな視点からモノが見えてしまうため
そうではない人との 軋轢に悩まされる ひらたくいえば。
 自分も我慢強く無いので 最近意識しているのは
前にも書いたアッコちゃんの <忘れること>
逃避でもどうとらえられてもEのだが 以外と忘れてもE事が
やってみたら多かった ではどう忘れられるのか?
自分はそういう時は今までやらなかった事<作業>を
やってみている 自分が起こした行動には少しでも結果が
でると嬉しいもの それは些細な実績かも知れんが
一つの事に囚われがちな自分らには最も合理的に
気持ちを緩和出来る手段かとも思う あくまでも
自分個人の話。
部屋の片付けなんかは 物事を繋げて考える自身にとって
気持ちの整理に繋がる 片付いていても更に何か息詰まる時は
ピンポイントで掃除する 気も現実も整理がつく事が少なくない
あくまでも自分個人の話ですから。
自身にとって<忘れること>とは そう転換している
 現実へ<擬態>がうまく出来ず でも現実と色んな視点で
向き合わなければならない だからこそ些細な実績を造り
自信に変えていけば 息詰まった出来事に対しても
股 違った解決法見出せるのではないか?と個人的には
考えている。 それが自分の思う<繋がった世界>の一つ
だとも 思う  自身の大好きなバンドマンが過去にこう言った
<なんぼのもんじゃい!> rk2 

 

| Comments (2) | TrackBack (0)

矢野顕子を

二十五年くらい聞いている 初めて見たのは
ソロではなく YMOの一員として
一回目のワ-ルドツアーの特集 TVで見ていた
アッコちゃんの初めて聞いた曲<在広東少年>
不思議なそれまで聞いた事の無い感触
楽しそうに叩く鍵盤 通る声 届く言葉
いつも何か行きどうりを感じると
癒されたいが為に聞く。自分には無い
力強さ、何よりも音楽と密接している生活が
見える楽曲 こういう人間が天才なのだ
更に色んな所で読む記事から見えうる
筋の通った人間性 厳しくも暖かい考え方
圧倒的な母性 こんな人は他にはいない
こうは完全に成れないまでも 少しでも
何かしらE所は近づきたいと思っている 
まあ 本人と会ったことは
無いので 勝手なこちらのイメ-ジではあるが
そう思わざるを得ないのも事実 人の感じ方など
勝手でEのだ 本人に迷惑がかからなければ。
嘘の無い<等身大の><唄><うた>
こういう人たちからの影響だと思う
そこが基準だから音を出し続ける事に
生活を賭してもEと思っている 

矢野顕子worksbest10
1  ひとつだけ
2 わたしのにゃんこ
3 あしたこそ あなた
4 てはつたえる→てつだえる 
5 愛がたりない
6 在広東少年
7 やませ<東風>
8 HomeSweetHome<峠の我が家>
9 こわれた時計のように<ザリバ>
10 海辺のワインディング・ロ-ド<RCsuccessionカバー>
アッコちゃんの大好きな名言
<忘れるという事は学ぶということと同じくらい大事な事>
あなたの歌は私の唄 私の唄は私だけの唄
この人の音を感じていると勝手にそう聞こえる 
今日は仕事も忙しかったし 帰ってからも
色んな事があった だから<癒し>と<原点を見つめる>
意味でこんな事を書いてみた。 rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/30/2005

わっ毒ガスだっ

廻りからも 毒を吐くほうだ と見られていると思う
自分でも決してE人間ではないと本当に思う
E人間だなんて思われたくも無いのだが 
事実無根の誤解は嫌だ。誰しもがそう思う筈だ。
等身大で見てくれれば、それでE。
其の線引きはどうなっているのか?
本当のこと<事実>を言うのと 本当に事実無根の
事を言う事と混同をしていないだろうか?
相手のゲンコツが届く位置で相手に自分の
意見 感想を伝えることはそんなに悪い事なのだろうか?
そういう意見が出る事も 人前で何かを表現する<リスク>
やり逃げや 自分に都合のE事ばかりは聞こえるというのは
おかしいし 有り得ないと思う 
そんなに完璧な人は まず いない
良い と 悪い は 語弊を恐れずに言えば 同じ意味
それ以上でもそれ以下でもない 其の他 好み というものも
ある。 其の意思さえ伝われば相手の人格否定ではないと
言うことは伝わらないだろうか?勿論 最低限のモラルを
持ったという 前提で お互いが。
むしろ 相手のゲンコツが届く位置で自分の意思も伝えなかったり
社交辞令で茶を濁すヒトに限って 影でモノを言う<影口>は
多くないだろうか?  よく全員がそんなに本人の前で
ハッキリものは言えないよ などと言われたが<影口>
たたくヒトは黙認で 意思を伝える人間は一線措かれるのは
どういったことだろうか?相手にするだけ無駄と大人な意見も
あるのだろうが<時と場合により自分もそうするが>
根本的にどうなのか?と いつも思う
何でも最高と言うのはとても簡単 意思のある意見を言うことは
とても勇気のいること そこに<リスク>があるからだ
それは個性でもないだろうか?
何事にも例外はあるが<特別例は除いて>
自分の責任で自身の意思を伝えることは 人前で表現 
しているからではなく 生きていく上で自分自身はとても
大切だと思う そこに人付き合いの本質を見出している。
勿論 自分個人の意見だ。
だから 自分の発言には<リスク>も背負う意思があるし
今までも話もしてきた まあ アゲアシ取りも多いから
だから いつも相手次第で良くも取られれば
悪くも取られる している事は大概はいつも一緒だ
どう受け止められているかは 知らんが、、、
好きがあるから 嫌いがある だから 何とも言えん と
思うときもある 何でも好きというのは都合が良すぎはしないかい?
そういうヒトはそんなに好きなものに囲まれて生活しているのに
何故こんなに 殺伐とした現実があるのだろうか?
皆 闇を抱えている 全員がハッキリものを言わなくてEまでも
なら<リスク>を背負っている人の事も とやかく
人の誤解になるような 先入観は植え付け無いで欲しい と
切に願うのであった。こういうことを書くと 理屈っぽい 
とか 言われることも自身の<リスク>なのだろう
デモ 唯 モノを言うだけ なら誰にでも言える 簡単な事
だろうね <リスク>なしならね アゲアシ取りは 
なんて簡単な事でしょう 一生やっていてください
自分とは違う世界で。 ここでこれを書くのも<リスク>
を背負っている 自分が間違っていた事に対して
納得が出来たなら いつでも心を込めて謝罪し  
改める意思ならいつでもある 最低限のモラルがあれば。 
自分の 毒 はその類のものだ 
意味も無く 自分の気分や わがままで
人を平気で傷つける そんな人には いずれ
ツケはマワル と信じている。だから そんな 
ヒト には成りたくないと本当にそう思う
誤解には何かしら説明が抜けている
それは説明すればEだけの事 
できるだけそうならない事を切に祈る rk2  


 

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/29/2005

今日仕事場で

今日は久々に常駐の店の仕事だった
やはり一番落ち着く。他店もhelpということも
あってかE扱いをしてくれるし殆どの人の人柄は良い
 件数ものびて少し疲れた まあ未だ他の人より
仕事も出来てないのも理由の一つ。
そんな中店に入った瞬間にU君が自分が欲しがっていた
安い仕事靴を広告を見てGETしておいてくれた。
GETしてくれたことももとより 其の事を覚えていて
くれたことが本当に嬉しかった。この店はこんなことが
当たり前のようにある 賄いを頼み忘れた自分の
賄いを好みの味付けでさりげなく造っておいてくれた
店長1000の職業が出来る男Bさん。
道の説明や細かい気配りの耐えない日本男児N君
この店に二回も導いてくれた感覚派であり理論派のIさん
ス-パ-デリ俳優Hさん 旧日本兵なT君
若手だがE感覚しているT 厨房のRさんSさん 前も一緒に
働いたS 皆キャラが立ちすぎな職場でR
仕事など嫌いではないが 面倒くさい
けして楽しいものではない だからこそ楽しみながら
皆仕事をしているように見える 生産性のある
気持ちのE職場だ なまじっかこんな所を知ってしまったので
転々とした今までのの仕事場では何だったのだろう?とまで思う
 仕事の疲れは今ピ-クだが 気持ちは充実している
ここにいれば バンドだけでは得られない何かを
得ることが出来そうだ 世間知らずの自分でも。
全ての人間関係がこうであれば こうであったなら
自分もこんなヒネタ人間に成らずに済んだかもしれない
こう見えても柄にも無く感謝してんだよっ 皆 
今日は少しこっ恥ずかしいが悪くない rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/28/2005

La 九州

VというバンドのY君とは 彼から来た手紙からの付き合い
四年くらい経つだろうか? 二年前LIVEを向こうで組んで
頂いたのだが とあるバンドにはありがちな真に申し訳ない
理由により断念せざるを得なかった。その組んで頂いた
LIVEを飛行機の都合が大丈夫な限り拝見させて頂いた
 びっくりした 気持ちで音を出すバンドの多いこと
情報が全く入らない中で試行錯誤の上の数々の行動
意味のあるディストロ、自主企画、全てにおいて
手作りの気持ちのこもった行動と人脈 感動を覚えて
帰ってきた 出れなかった自分が本当に悔やまれた
 二年間の手紙での文通で出来た<攪拌器V.A E.P>
は宝物だ。Y君はいつも自分を初心に戻してくれる
 自分はこの情報だけが溢れている東京で
どれだけの気持ちの入った行動が出来るのだろうか、、、
いつの間にか現状に甘えているのも事実だ。
自分はVというこのバンド あの現状で考えて考え抜いた
気持ち以外の何者ではない 彼でしかなし得ない
あの音が好きだ 元々の自分が普段聞いている音ではない
Y君らがやっている事に意味がある 其の音は<音に対しては>
非常に正直だ 音はひねくれているが、、、
だから 音だけでいえばV以外ああいう音は聞かない
それは自分とって物凄く重要なことだ
だって<等身大>だからね 
自分はそういう音の聞き方をする ジャンルなど
<記号>にすぎない こういうバンドの前では 
感動は<説得力>でしか成し得ない rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/27/2005

E事と

嫌な事のバランスってどんなもんだろう。
以外と何も起こらない現状がつまらない
だけで、 幸せの状況はそろってる という
事はないだろうか?ありがちの言葉では
何も起こらない幸せ となりがちだが
その程度はどうなのだろう?
嫌な事は些細なことでも気づき易いのに比べ
<話を聞く相手の気持ちは別にして、話のネタにもなるし>
話のネタにもならない程、些細な幸せは
忘れ去られることはないだろうか?
それは はたしてバランスのE考え方なのだろうか?
傍から見て以外と何も起きていない人程
騒ぎ立て 本当に極地に立たされている人程
何も言わなかったりする 事が済んだら
ネタには するだろうが
勿論全部そうだとも言わないにしても
そうだったりすることはないだろうか?
まあ 其の人が最低限のモラルを持ち合わせて
いるかどうかにもよるが。
些細な幸せをも もっと意識できたら
少しは 気が楽になるんじゃねえの
なんて 心のもちようさ って 口ずさんで
そう思った。数少ない理解者が
コメントを寄せてくれるのも 非常に
うれしい だから 日々の暮らしには
ガマンが大切だとも思った 
些細な幸せにもっと目を向けられる
人間になれたら ガマンの概念自体さえが
無くなるのかも?とも 思った
そんな人間に程遠い人間が其処に
今 目を向かせようと 密かに考えている rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/26/2005

ゲヘヘ

褒められたのでR
ここまで生きてきて あまり褒められた
記憶なら無い。はめられた事なら
何度でもある 自慢じゃないが。
社交辞令のど-でもE事
を 鵜呑みに出来ない性格なので
そう言う言葉には敏感になってしまう
股、その場を合わせてしまう自分にも
嫌悪せざるを得ないときもある
人とのしがらみなど そんなもんだ。
心のこもった言葉は<行動は>
こんな捻くれた人間をも 穏やかに
してしまう たまにはこんな日も
悪かねえや なんて思いながら
仕事で疲れた体は癒されていった。
マッパで踊ってくだされ ホワイト1号と。
 傷口の舐め合いなのかどうかは
分からないが 波長の合う人間との
<現状の確かめ合い>は自身の
その場の気持ちの確認にもなる それは
リスクを背負った者にだけ許される
<愚痴><ぼやき>
たまにゃあEじゃねえの たまにゃあ
程度のもんだ。
出来るものなら 自身の中に留めて
おきたいもんだが、我慢には限界が
あるのですよ 皆さん
人が気にしない所まで 気にしすぎている
考えすぎ とよく言われる。
物事の前後にもよるが 何が考え過ぎて
いけねえのよ と思う時もしばしば
其の事を ホッタラカシニすると
あらぬ誤解 と言いますか アゲアシを
とられると言いますか 結局騙される破目に
落とされることが 何度もあったからだ
リスクを背負おうとする人間が 行動を
起こすのは それなりの理由ならある。
突然 切れているかの様に見える時でも
積み重なった理由がそこにある
<リスク>を背負った人間のアゲアシ取り
など簡単に出来る 唯自分がやってもいない
正論を言えばEのだから これだけ情報が
溢れている昨今 体のE言葉など簡単に見つかる
<点の考え><線の考え>
自分の歌詞によく出てくる言葉
それは 自分との境目だとも思う
何度も言う 理由ならある
聞く気があるのなら いくらでも話をする
線の考えでなければ 届かない言葉だけど、、、
 今のメンバ-は 線の考えを持っていると
信じている だからこそ 考え方の多少の
違いなど さほど問題が無い、時が解決してくれる。
むしろ それは 選択肢の違いにしか過ぎない
どちらでもEのだ 進める方にしか所詮進めないのだから
だから <たら れば>などない
培ってきたものこそが 肝心な時にモノをいう
それが 本当の<キャリア>なんではないですかね
だからこそ 考えすぎて何が悪い とも
開き直っている。自分はそろそろ 実 が欲しい
だって、結果が出ない過程は 結果の出た過程には
到底かないはしない と 思っている
<たら れば>はいらない 夢ではなく現実に
いつでも 直面している だから不器用で
うまく立ち回らない 立ち回れない
それでEと本当に思っている なぜなら
<実>が 自分のやり方で 本当に欲しいと
考えているからだ。 あくまでも
自分個人の考えだけどね
言葉って難しい 誤解されんのはもう嫌だ
自分は本当にE人なんかでは無いので
事実は全く構わない
本当に誤解だけは勘弁して欲しい
本当の事じゃないから。
頭くっつけて伝わんねえかな なぁ なぁて rk2 
 

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/24/2005

あと

何故か今日は ニナ ハーゲンで
ノリノリ    何故かっ? rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

魂 吸う 吐く<2>

バンドは複数でやるもの なかなかメンバ-と
意思の疎通は難しいもの 自分が考えられる
範囲で考えた結果に対しては<リスクを背負った場合>
時が解決してくれるが 何の<リスク>も背負わずに
人の迷惑に成ることを平気でして 時がたったからと、
{いつまで怒っているんだ}と言う顔を平気で出来るヒトも
いる。何も解決していないのに、、、
出来るだけでいいから 相手の立場を想定して
理解を示せばそこに多少の軋轢があったとしても
ある程度は時にしか解決できない事もある
あくまでも自分個人の実体験では。
自分の理想は<目的は>無きゃ嘘だし
それにだけ固執しても では なぜ この人と
一緒に行動しますか?という所まで行き着いてしまう
自分の理想よりカッコE事がしたいから
其の人達と行動する 其の為には何が必要か?は
其の人たちとの話し合い 行動 のみに尽きてしまう
何の為にこの歳になってもバンドをやめないのか
しんどい思いをしてまで それは お互いに
何かしらの可能性<目的にもよるが>を感じて
いるからではないのか?
自分の考えの範疇を超えたカッコE事をするためだけに
バンドを組む それ以外の理由なら無い
あくまでも自分個人の意見です
自分も とある携帯サイトのeye読者なのですよ
<1>はどこにあるか?????????
格好の悪い物を 含んだ カッコE事がしたい
だってかっこいい事はなんてかっこ悪いんだろう
って 言ってる人がいるからね rk2
 

| Comments (2) | TrackBack (0)

バンドマンの訳

自分はミュ-ジシャンでもアーチストでもなく
バンドマンである。音楽的なことは何も知らず
いつもメンバ-に曲の説明で迷惑をかける方だ
ア-チィスチックな表現にもまるで興味が無い
そうバンド以外の事にほとんど興味が無い
メンバ-で奏でる音 言葉 空気のバランス感
このプロセスが堪らなく好きで自分が興味が
ある内は出来るだけ続けて生きたいと思ってる
其のことで私生活にも仕事にもE影響が
出ていると勝手に勘違いしている
物事を繋げた線の考え方がとても好きだ
意図的に点で考えることもあるが、、、
<バンドマン>と言う言葉はRCsuccession
の<ラプソディ>からの引用だ
バンドマンに拘るあの人の影響でもある
結構うちのバンドは ミュウジシャン的
ア-チスチックな目で見られている事も
少なくないが自分本人は全く其の要素
も無ければ比較的音楽的に原始人であり
<ドテチン>{c/Heco兄貴}である 頭の中が石器時代の
人間でも楽器など何もやれなくても、気持ちで
音は出せる証明がしたかった アイヂィアが
あるならば誰にでも出来ることを証明したかった
進行形のバンドだから結果はなかなか
出てはいませんが、どうか極一部の方よ
なが-い目で<c/小松雅夫>見守ってくだされば
本当に有難い あくまでも自分個人の話です
いつも<音>を通じて<意識>を意識している
<音の原語>なのかもね。
いつもカタクて正直スマン<c/ケンスキ-> rk2
 

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/23/2005

以外と

気を使ってくれているのか コメントを
書いてくれる 友人<身内>が思ったより
多いので びっくりしている。
もともとの性格が暗いので、コメントなど
無いまま垂れ流しで<愚痴><ぼやき>
を連ねていこうと思っていたので
嬉しい誤算であります
どのくらい この駄文を読んでいるのかは
全く分からないけど 自分の考えを
こうして書いてみると 改めてサエねえ
おっさんだと思う まあMなもんでこの
辱めも少し心地よい 言葉フェチなもので
何処まで続くのか自分自身に見せてやろうと
思って書くので とことんだめなおっさんの
<愚痴><ぼやき>を書き続けたいと
思う所存で御座います
一方通行にも程がある俺
しかし 少しでも等身大が
見えるようなら 書く<カイ>がある
都市低額所得生活者の夜
今は午前二時少し前 rk2 

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/22/2005

今日の仕事場で

今日の仕事場は いつもの常駐の場所ではなく
他店のhelpだった。何回か行ってる所だったので
知ってる顔だったし 人柄もすこぶる良い
年齢の話になり正直に答えたら物凄い形相で
驚かれた そんな大袈裟なと思ったら本当に
驚かれた挙句に六歳も若く見られてた
自分は女性ではないので 嬉しくも無かったが
目的<野望ともいう>を持って生きると
特にバンドなんかは人に見られることを
前提にしているので 老けにくいのかと思う
まあ 其の人のDNAにもよるのだが、、、
世間的にはある程度の役職があり
子供もいてもおかしくない年齢なのだが
高校生のバイト並みの収入で
子供みたいな いや 子供な生活を送っている
考え方 感じ方は中学生の時のまま
止まっている だから顔まで老けないのは
可笑しな話だが半分くらいはその理由も
あるだろう 
だからといって 得していることは
何も無かったりするもんだから
無用の長物 便所の100ワット
       、、、言い回し 古っ 
   股 其のこともびっくりした rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/21/2005

TEXASが好きだ 大好きだ

M.D.Cのhey cops!!!if i had a face like yours
を聞き返している 一時期は初期にしか興味
無かった時期もあったが 年齢を重ねていかないと
分からないことだらけで あるきっかけで
聞き直したら それが 色んな聞き方に
直結してしまい 収集つかなくなったのが
現在である。 バットホールサーファーズは
texasの王道punkだと未だに思ってるし
その根源はレッドクレオイラ周辺だし
bigboys reallyred jerryskids<同名異バンド>
勿論dicksもoffendersも
奇形の要素をふんだんに含み
良質のロックを聞かしてくれる
まだまだ書くバンドはあるけど面倒くさいので
話を戻す そうM.D.Cはいまだ現役で<バット
ホ-ルも>良質の成長していくバンドの
過程を見せてくれる 其のことで
どれだけ 色んな事を自分に気づかせて
くれるか バンドは成長していくもの
だから 続けて生きたい それだけだ 
ただ それだけだ rk2

 

| Comments (3) | TrackBack (0)

05/20/2005

<誰にでも

我慢の限界は必ずあるはず>
新曲でそう唄っている
人一倍我慢下手な自分は
今 出来るだけ我慢する事を
覚えようとしている。昔から
キレただけ必ず其の後
良くないことが起こる上に
廻りにも迷惑かけてしまうからだ
正しい事だと自分が思っても、
説明しても、受け手がその
概念が無ければ 必ずこちらが
悪者になってしまう事など
昔からだ この世は絶対数だからね
昔から数ではかないませんよ
<この世には向いてはいない
        向いてもいない>
とも 唄っている。だからせめて
最後まで無様に生きてやろうとも
思う。別に今特別そう思ってる訳でもなく
昔からだ アゲアシ取りの中で
少数派で常になめられ続けたからね
んでも 一つのことをずっと続けた事で
まんざらではない夜が 何年かに
極たまに来る事も知っている
隣同士が他人の街東京に住んでいるのも
悪くない時がある 
そう人間があまり好きではないのですよ
基本的に 人付き合いも苦手 一人は好き
今日仕事中に異常なまでにじゃれてきた
野良のアメショーと遊びながら<お前は別>
と 言ってやった  rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/18/2005

PISS FACTORY

中島らもworksbest10

1 僕に踏まれた町と僕が踏まれた町
2 アマニタ パンセリナ
3 水に似た感情
4 人体模型の夜
5 とらちゃん的日常
6 今夜、すべてのバ-で
7 空のオルゴール
8 こどもの一生
9 クマと闘ったヒト<w/mr.ヒト>
10 牢屋で痩せるダイエット

昨日からずっと PISSヘビーローテーション中
Eぜ らもさん  rk2

| Comments (2) | TrackBack (1)

今日の昼休み

ふらふら〜と歩いてたら、何故か急に髪を切りたくなって、
伸ばしてた髪を6mmに刈ってしまいました。
後悔はしてませんが、刈られた髪の束を見て、少し切なく
なりました。A

| Comments (2) | TrackBack (0)

don't piss around

自分は本と言う本を他人に比べ全く
読まないほうだ。だけど中島らも氏
だけは大好きだ 基本的に本が嫌い
なのだが Cと言うバンドのhさんに
読んでみい と言われ 大いにはまった
昨年の訃報は本当にショックだった
正直今も本が好きではない
らもさんが 好きだったんだと思う
今日群馬在住蕎麦職人 本業照明士
のYさんより氏のバンドのMDが二枚送られてきた
巷にあふれる垂れ流しの商業音楽商品
なんかではなく 本当にこの人は
音楽が、殺気だったrockが好きだったんだ
と 遅ればせながら うれしくもあり
現在物理的にこの人はこの世に
居ないと思ったら無性に悲しくなった
<残されるもの>人前で何かを表現した
証拠。自分も人前で表現する端くれ
一人でもいいから そう自分のバンドを
聞いて感動を覚えてくれたら感無量である
今日少し自分が原点を見直そうとしたことが
自分でも嬉しかった  らもさんは作品の中に
生きている 其の作品を愛している人が
一人でもいる限り  rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/17/2005

嵐の日曜日

15日 横浜F.A.Dへliveを観に行ってきた と言いますか
懐かしい顔 これから更に絡みのある方々との色々充実
したE一日でした この日の首謀者SのTは更に拍車の
かかったアホぶり<褒めてます> GOの威圧感のある
圧巻的なステージ  これからのステップアップへの
ミッシングリンク的liveだった Constricted 勿論トーク
も含んで楽しみました
この日観に来た他のバンドマンとの久々の会話も
<KのUさんや UのTさんや SのSやT等>
頭の良い洗濯になりました。
しかしこの日記 どっから読んでも おっさん度高いなぁ~
そりゃ色んな人にコメントしずらいって言われるわなぁ
ガハハ rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

05/14/2005

つながった世界

仕事中よく電話が鳴る。忙しいと仕事あがりでないと
出れない時が多い。今 進行形で動いている話や、
メムバーから、 間違い電話も多い。 
時たま 暫くご無沙汰の人からも少なくない。 昨日も
以前 I というバンドでBaを弾いていたBさんから何年
かぶりでかかってきた。勿論年賀状のやりとりは、かか
してなかったが ホント何年かぶりだった。
人には付き合うぺースがあり 当然物理的にも噛み合わ
ない時期がある。懐かしさも湧き出るのだが、大抵昨日
まで会っていたかの様なテンションで話出来るというの
は E関係なのだなとしみじみ思ってしまった。
自分は会っていない人や物理的に会えない人などは結構
頭の片隅に気にかける方なのだが 空回りするのが嫌で
用事がないとあまり連絡を取らなかったりする。
昨日今日の間柄では無いと時間なんてものは
あまり重要では無いのかも知れない。
本質的に 人付き合いは器用では無いのですが
時間的に疎遠な方の事も 忘れている訳ではない。rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/13/2005

昨日の事を

仕事中ふと 思い出した。
KというバンドのUさんと とある掲示板で 
今 しりとり仲間だという話をしていたら 
RというバンドのTさんが少しうらやましそうに
其の話を聞いていた。其のうち俺も混ざると
言い出したのを思い出し 人がうらやむ瞬間なんて 
本当に分からんと思ったら無性に笑けてきて
いつまでも こんな話が成り立つ関係といいますか
どっから見ても 子供デス rk2

| Comments (2) | TrackBack (0)

今日の俺

忌野 清志郎WORKSbest10

 1 自由                   
 2 いい事ばかりは ありゃしない       
 3 ピッカピカダイアモンド<w/山口富士夫> 
 4 ひとつだけ<矢野顕子カバー>             
 5 やさしさ
 6 わかってもらえるさ
 7 警察に行ったのに
 8 もっとなんとかならないの
 9 Sweet Lovin’
10 君が僕を知ってる  今日の俺、勿論 病んでます... rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/11/2005

D.O.Mにて

今日いまD.O.Mにliveを観に行って帰ってきた所だ
heck naked yeggs colored ricemen rocky&the sweden kgs
正直物凄い楽しい夜でした 等身大の剥き出しの音<人>が
密集した空間だった。
初めて東京に来て観に行ったHCのliveを思い出したくらい
<ちなみにACID>
E一日でした。改めて廻りにはEバンドが多いと考えさせられた。
<他のバンドと比べて>とかでは無いレベルで
負けられないと E刺激を受けて帰ってきた
果たして自分に何が出来ることやら... rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

スタジオワ-ク

新曲を増やしつつ今後の展望や 細かい連絡事項など
あれこれ話す。今の現状は能動的に動く他のバンドに比べ
年齢的に生じる仕事や家庭の事等 多少の制限もある。
自分自身はM気質もあるので 逆に燃えてしまうのだが。
年を 経験をそれなりに重ねてきているのか 自分で
想定した時より以外と焦りが無い。 勿論現状で
しなければいけない作業に追われ 物理的には
テンパッてはいるのだが<すまん メムバーよ>
だからといって結果は出てみないと分からんのだが
むしろ 全く根拠の無い自信だけはしっかりある。
今のメムバーと始めの話し合いをある程度 先を見越した
上でしていたのも功をそうしているのだが<バンドマン>
と音を出している安心感でもあるだろう。
何がどう出たかは<他人, 第三者>が決めること。
それが<人前で何かをやる事>のリスクだと思う。
まあ 判断する第三者のモラルにもよるが それも含むで。
好みをはずせば 説得力 に尽きるのかと考える。
それが 等身大の<人><音>だとも思う。 rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2005

残念ながら

自分自身 天才ではありませんでした。
が 続ける才能だけはあったようです。
だからといって 何も 萎縮する事も
無く むしろ 図々しいまでに好き勝手
やらしてもらってきた。友人の手を勿論
借りて。無論言葉では表せないほどの
感謝をしている。メンバ-へも。
自分自身情報と実体験 そして
身内の助言 等々 参考にしながら
試行錯誤の上だ。
一つの事を続けることで
沢山の人との出会い 横のつながり
いつも一人ではない事を 実感させてくれる。
願わくば そんな人が もっともっと
増えてくれれば とも 今日俺の家に
飲みにきた職場の T を見て
改めてそう思った。
こんな夜は 悪くない。  rk2

| Comments (5) | TrackBack (0)

05/09/2005

質問について

色んな人に 他のバンドについて聞かれる事がある。
勿論このご時世 これだけの情報があり ある程度
の音や見栄えなんかは 自分がバンドをやり始めの
頃の比ではないと思う。自分の頃は地元にいたせい
もあり 情報も買えるレコ-ドも今に比べたらとて
も乏しかった。けど 其の中でつたない自分の頭で
考えてやり続けた結果が今だ。やり方は未だに器用
ではないけど自分はそこも気に入っている。やり始
めの頃の訳も分からん初期衝動も 其の頃よりは多
少ではあるが進歩した考え<勿論 進行形のバンド
だからね>も代えがたい宝物だ。 あくまでも自分
個人の意見だが 間違った解釈を含んで其の人が等
身大で剥き出しになって 其の人意外では成し得な
い音<人>がとても好きだ 執念以外の何者ではな
い不器用さも器用さも全て含んだもの。だから他人
が作ったもの<音>を平気で自分が全部作ったかの
ような錯覚をし 何の発展性も無くスタイリッシュ
さだけが先行し 成長出来ないことをマニアックな
事だと信じているかの様に感じてしまう音<ヒト>
は全て自分の好みではありません。あくまでも自分
個人の意見だしそれだけで全人格の否定をするつも
りもありません。あくまでも趣味嗜好の話です。勿
論自分も人の子生理的に受け付けないモノもありますが。
とどのつまり wagplatyなんてバンドは何処からも
大して受け入れられないまま13年以上もやってきて
そんな邪魔者に好きだの嫌いだの言われた所で、明
るい明日位はくるっつう話ですよ。  rk2 

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/08/2005

仕事場

今 とある食品のデリバリーの仕事をしている 
三年前にもお世話になり 其の後勤めた会社を
リストラにあい 気前良く 股 戻してくれた
皆<スジを通す>と言う概念がきちんとあり
それでいて 良い意味で 砕けた職場だ
色んな所で働いてきたが 後にも先にも
こんな所はないだろうと思う
すべての人間関係がこうであれば
低レベルのアゲアシ取りに悩むことなど
無かったとさえ 思う
同じものを見て 同じものを食べて
聞いた感じは同じ言葉を話すのに
平気で人を騙すヒトが多い中
唯一 バンドが関係していない環境で
テンションが上る場所だ rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/07/2005

空気感

同じ言葉で話し 同じ意味合いの言葉を使ってるにもかかわらず
違うことを平気で出来る人
昔からそんな人との軋轢に悩まされることがかなりある。
間違ってるのはこちらと言わんばかりに。
何故もう一つ踏み込んだ話ができないか?
間違いは間違いで謝れば済むし 繰り返さない事を
頭に置いて次の行動に何故移れないのか?
育ちと空気感 親のしつけといつも極論を人前では言ってきた
デモこれにいつもつきるとも思う
感謝 挨拶 謝罪 
この概念さえあれば 後は好みの様な気がする rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

05/05/2005

地球か何もかも懐かしい

極一部の皆さん いよいよ 動き出す目処が立ちました。
9.11下北沢シェルターにて
joy<新潟>
constricted<滋賀>
go<神奈川&北海道>
smash your face<横浜>

を迎えて再生致します。それまでに音源リリ-ス予定です。
邪魔者wagplaty 現在進行形 診にいらして下さい。
ドゾ ヨロシク    rk2

| Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »